VIO脱毛後におすすめの黒ずみ対策ってあるの?デリケートゾーンに黒ずみができる原因もご紹介!

VIO脱毛をしたあと、デリケートゾーンの黒ずみにビックリする人は少なくありません。

 

せっかく脱毛をしているのだから、もっとキレイになりたいですよね!

デリケートゾーンの黒ずみは、少しのケアで改善することができるんです。

 

この記事では、デリケートゾーンに黒ずみができる原因を解説し、黒ずみ対策のコツについてまとめています。

 

正しい黒ずみケアと脱毛で、透明感のあるデリケートゾーンをゲットしましょう!

今よりもっと自信が持てるようになりますよ♪

黒ずみができる主な原因は“摩擦”によるもの

デリケートゾーンに黒ずみができてしまう主な原因は、「摩擦」です。

お肌と衣類との摩擦によって、肌が傷つき、それが黒ずみの原因になるのです。

 

下着のサイズが合っていなかったり、服の質が肌と合っていなかったり、摩擦が起きる原因はさまざま。

 

ここでは、黒ずみができる原因について詳しくご説明しています。

思い当たる節はないか、ぜひチェックしてみて下さいね!

 

乾燥肌は要注意!摩擦で黒ずみができやすくなる

顔や脚などを、日頃から保湿ケアしている人も多いのではないでしょうか。

一方で、デリケートゾーンを保湿している人は少ないですよね。

 

お肌が乾燥していると、肌トラブルが起きやすくなります。

たとえば、脚が乾燥すると、カサカサしてしまったり、皮膚が割れて赤切れしてしまったり…。

 

乾燥肌は、皮膚の水分が減少し、肌のバリア機能が低下している状態。

そのため、少しの摩擦でも刺激として受け取ってしまうのです。

 

特に、デリケートゾーンは下着やストッキングなどの衣類と接触しやすいので、乾燥と摩擦で黒ずみができやすくなります。

 

日頃からデリケートゾーンを保湿し、摩擦に負けないツヤ肌をつくっていきましょう!

 

デリケートゾーンはゴシゴシ洗わない!拭かない!

デリケートゾーンは、その名前の通り、皮膚が薄くとってもデリケート。

 

お風呂で洗うときは、ナイロンタオルなどを使わずに、優しく手で洗うように心がけましょう。

また、ボディソープや石鹸など刺激が強すぎるもので洗うのもNG。デリケートゾーン専用の石鹸を使用して下さいね。

 

ゴシゴシ洗いは、デリケートゾーンを摩擦で傷つけ、黒ずみの原因となるので要注意!

 

そのほか、トイレで用を足したときも同様です。

トイレットペーパーでゴシゴシ拭かずに、摩擦が起きないよう優しくポンポンと拭くようにしましょう。

 

できれば、トイレットペーパーは硬いものより、柔らかいものを使用するとさらにGOOD!

 

デリケートゾーンは、想像以上にデリケートなので、傷をつけないよう注意しましょう。

 

正しいケアで黒ずみ撃退!みんながやってる対策法3選


VIO脱毛が一般的になってきて、デリケートゾーンをケアする人も増えました。

 

デリケートゾーンは、正しいケアをすると見違えるようにキレイになります。

 

ここでは、みんながやっている黒ずみ対策法を3つ厳選し、ご紹介しています。

今すぐできる対策法ばかりなので、ぜひチャレンジしてみて下さいね。

 

デリケートゾーンの黒ずみとサヨナラしましょう!

 

ストッキングや下着はサイズの合ったものを選ぼう

ショーツが擦れるところに黒ずみがある人も多いのではないでしょうか。

その場合、ショーツのサイズが合っていない可能性があります。

 

ストッキングやタイツ、下着(ショーツ)はサイズの合ったものを着用しましょう!

 

小さいショーツを履いていると、デリケートゾーンが締めつけられ、歩くたびに摩擦が起こり、黒ずみの原因となるのです。

 

特に、ショーツは一日中履いているものなので、必ずサイズの合ったものを選ぶようにしましょう。

 

また、ボクサーパンツは、締めつけがなく快適なので、女性用ボクサーパンツを黒ずみ対策に履く人もいます。

 

 

そのほか、下着やストッキングの質をワンランク上のものにするのもオススメです。

 

 

ストッキングや下着と、肌との“擦れ”が軽減されるので、黒ずみ対策になるのです。

 

デリケートゾーン専用のクリームで保湿ケアをしよう

デリケートゾーンがキレイな人の共通点は、乾燥しないよう保湿を徹底していること。

 

保湿をして潤いのあるデリケートゾーンは、衣類との摩擦が多少おきても黒ずみになりにくいのです。

 

ただし、化粧水やボディクリームをつけて保湿したらOKというものではなく、

デリケートな部分だからこそ、低刺激のものを選ぶ必要があります。

 

おすすめは、デリケートゾーン専用のクリームやジェル。

アマゾンやドラックストアにも売っているので、ぜひ使ってみて下さいね!

 

VIO脱毛でデリケートゾーンの蒸れを防止しよう

VIO脱毛をすると黒ずみが目立つので、「もう脱毛したくない!」という人も多いのではないでしょうか。

 

デリケートゾーンを脱毛をすることで、蒸れやニオイを防止し、清潔に保つ働きがあります。

それだけではなく、脱毛をしていると、保湿ケアもしやすいので乾燥肌の防止、ひいては黒ずみの予防にも繋がるのです。

 

自己流でデリケートゾーンの処理をすると、

かゆみが出てしまったり、肌が傷ついてしまったりと、黒ずみになってしまう原因に。

 

VIOは非常にデリケートなパーツなので、

脱毛は、エステサロンやクリニックに行き、プロにお任せするのが最も安心です。

 

自己処理をする場合は、肌への負担が最も少ない電気シェーバーを使用しましょう。

 

 

デリケートゾーンにオススメな脱毛方法とは

VIOの皮膚はとても薄く、非常にデリケートなパーツと言えます。

 

カミソリや脱毛クリームでの自己処理は、家で簡単にできますが

傷ついて黒ずみの原因になりかねないので、今すぐ控えるようにしましょう。

 

ここでは、デリケートゾーンにおすすめの脱毛方法をご紹介しています。

あなたにピッタリの方法を見つけて下さいね!

 

 

早くキレイにしたい人はクリニックでのVIO脱毛を!

デリケートゾーンを早くツルツルにしたい人は、クリニックでの医療脱毛を選びましょう。

 

医療脱毛は、太くて濃いムダ毛に効果を発揮するので、ムダ毛が太いVIO脱毛にピッタリなんです。

特に、毛量が多い人は、クリニックでのVIO脱毛がおすすめです。

 

ただし、痛みを強く感じてしまうデメリットも。

 

もちろん、麻酔を使用してから脱毛することも可能ですが、麻酔代が別途必要です。

麻酔代の相場は、1回あたり3,000円/部位ほど。

 

痛みに弱けど医療脱毛をしたい、そんな人にオススメなのがレジーナクリニック!

レジーナクリニックは、麻酔代が無料なので、痛みなくVIOをキレイにできますよ♪

 

 

痛みが苦手な人はエステサロンでの脱毛がおすすめ

痛みに弱い人は、エステサロンでのVIO脱毛がおすすめです。

 

施術時の痛みが少ないだけではなく、料金が安く通いやすいというメリットがあります。

また、肌への負担も少ないので、デリケートゾーンが傷つく心配もありません。

 

そのほか、月額制や都度払いのサロンもあるので、VIO脱毛をスタートしやすいのも魅力です。

 

ただし、脱毛の効果を感じるまで少し時間がかかるデメリットも。

 

コスト重視の人や、マイペースに脱毛したい人は、エステサロンでのVIO脱毛がおすすめです。

エステサロンの中でもキレイモは予約が取りやすく、料金が安めなので初めてのVIO脱毛におすすめですよ!

 

 

まとめ:VIO脱毛で黒ずみ知らずのデリケートゾーンに♪

VIO脱毛をすると、どうしても目立ってしまうデリケートゾーンの黒ずみ。

正しいケアをすれば、黒ずみは改善することができるので安心して下さいね。

 

ポイントは、たったの3つ!

 

  • デリケートゾーンの保湿をして乾燥を防ぐ
  • サイズの合った下着やストッキングを着用する
  • VIO脱毛をして蒸れ・かゆみを防止する

 

お手入れをして、清潔感のあるデリケートゾーンをGETしましょう!

今よりもっと自信が持てるようになりますよ♪

 

脱毛に興味がある方はこちらの記事もあわせてどうぞ!

脱毛サロンと医療脱毛はどっちがおすすめ?【違いを徹底比較!】

【医療脱毛と比較】脱毛サロンの効果の実態は?部位別での効果も検証!