パーソナルトレーニングを受けるときの服装は?選び方のポイントやレンタル可能なおすすめジムも紹介

パーソナルトレーニングに申し込んだけど、どんな服装をしたらいいのかわからない!

トレーニングに適した服装は?

 

パーソナルトレーニングでどんな服装をするべきか悩んでいる人も多いと思います。

家にある服で間に合うのか、それとも買いに行くべきなのかも迷いますよね。

 

 

特に、トレーニング初心者の人はどんな服装をすべきかわからない!

でも、今更トレーナーさんに聞くのは恥ずかしい…

今回はそんな方におすすめの、パーソナルトレーニング時の服装について紹介していきます。

 

1.パーソナルトレーニングの服装の選び方

パーソナルトレーニングの服装は、特に決まりがあるわけではありません。

いわば、あなたがトレーニングしやすいと思う服装を着たらいいのです。

 

 

しかし、初心者の方はどんな服装がいいのかわからないですよね。

そこで、パーソナルトレーニング時の服装を選び方をご紹介します。

 

選び方は5つあります。

 

  1. サイズがあっているもの
  2. 伸縮性のあるもの
  3. 汗を吸うポリエステル素材のもの
  4. 靴はソールが硬いもの
  5. モチベーションが上がるもの

 

早速1つずつみていきましょう!

あなたにぴったりの服装を見つけてくださいね!

 

パーソナルトレーニングの服装の選び方➀:サイズがあっているもの


パーソナルトレーニングに限ったことではありませんが、あなたのサイズに合ったものを使いましょう。

少しくらいサイズに合わない服を着ていても大丈夫でしょ!

と思っている人もいるかもしれせん。

 

しかし、服のサイズが合っていなければパフォーマンスにも影響してきます。

小さすぎず、大きすぎない、あなたにぴったり合うサイズ感の服装をチョイスしましょう。

できればはじめの1着は試着して決めることをおすすめします。

 

パーソナルトレーニングの服装の選び方➁:伸縮性のあるもの

伸縮性のある服を選びましょう。

重いダンベルを持ったり、走ったり、パーソナルトレーニングは様々な動きをします。

そのため、よく伸びる素材を選びましょう。

 

伸縮性がないと、最大限のパフォーマンスを発揮できませんし、最悪の場合破れてしまいます。

実際に試着してみて、腕を回してみるなどしてチェックするのがおすすめです。

 

パーソナルトレーニングの服装の選び方➂:汗を吸うポリエステル素材のもの


運動に適したポリエステル素材の物を選びましょう。

トレーニング中はたくさん汗をかきます。

 

汗を吸ってくれるものでなければ、べちゃべちゃとして不快感があります。

ポリエステル素材であれば、サラサラのままなので気になりません。

 

また、ポリエステル素材でなければ汗を吸収し重くなってしまうのです。

服が重くなるとトレーニングに負荷がかかってしまいます。

素材も細かくチェックして選びましょう!

 

パーソナルトレーニングの服装の選び方➃:靴はソールが硬いもの

パーソナルトレーニングでは、トレーニング用の靴も必要です。

その際、ソールが硬い物を選びましょう。

 

なぜなら、トレーニング中に踏ん張るシーンが多いからです。

トレーニング時には踏ん張る力を、地面に伝える必要があります。

 

しかしソールが柔らかい場合、スクワットの際に、足で地面を押す力が吸収されてしまい、足の力をうまく地面に伝えることができません。

そのため、トレーニングの効果を最大限に引き出すことができないのです。

 

 

また、トレーニング時には滑りにくいソールを選びましょう。

滑りやすい靴だと、怪我のリスクが高まります。

 

靴は使えば使うほど、足底がすれて滑りやすくなってしまいます。

そのため、定期的にソールをチェックし、必要であれば買い替える必要があるのです。

 

パーソナルトレーニングの服装の選び方➄:モチベーションが上がるもの

最後にあなたのモチベーションがあがるものを選びましょう。

心理的なことになりますが、自分の気に入っている服であればトレーニングも楽しくなりますよね。

 

お気に入りのブランドや色など、あなたのモチベーションが高まるウェアを選びましょう。

そうすることで、「早くウェアを着たいから頑張ろう」と思えますよ。

 

時には、「形から入る」というのも有効的な方法でしょう。

 

2.トレーニングウェアと一緒にあると便利なもの

続いては、トレーニングウェアと一緒にあれば便利なグッズをご紹介します。

ウェアだけでも十分ですが、今から紹介するアイテムがあればより便利で快適にトレーニングを行えますよ!

 

具体的には以下の4つのアイテムです。

 

  1. プール用のタオル
  2. ビニールバッグ
  3. 汗防止バンダナ
  4. グローブ

 

では、さっそく1つずつ見ていきましょう。

 

トレーニングウェアと一緒にあると便利なもの➀:プール用のタオル


1つ目は、プール用のタオルです。

正式名称は、セームタオルといって水泳を行う人が良く使用しているタオルなんです。

 

このタオルのポイントは、吸収性の良さと速乾性

特殊な素材を使用しているため、全身の水もしっかりと吸収してくれます。

また使用後は搾るとまた濡れていないタオルに近い状態に戻ります。

バスタオルのように、びちゃびちゃにならないのです。

 

そのため、大きなサイズでなくても全身をしっかり拭くことができます。

トレーニング中はもちろんですが、特におすすめの使い方はシャワー後。

毎回大きなバスタオルを持っていくのは大変ですよね。

 

このタオルは非常にコンパクトでかさばらないため、非常におすすめです。

しっかり絞れば水気もとれるので、重くなりません。

水泳を結構真面目にやってた人なら知ってる #セームタオル を紹介します。 こいつは、体についた水を拭く→水分をたくさん吸収する→絞ったら水がぼたぼたと出てくる。 メリットを言うと ① 吸収したら絞って水を出せるからいくらでも拭ける。 ② 超コンパクトだから、これ1つあれば、旅先でもプールでも大活躍。 デメリットとしては ① 使用後、干さないで容器に入れっぱなしとかにすると、カビ生えて臭くなる。 ② タオルと違って、肌触りが人によっては嫌かもしれん。 ③ 干しておくと、カピカピに乾くから、丸めて容器に戻すのが、ちょっとだけ面倒。

引用:インスタグラム

 

トレーニングウェアと一緒にあると便利なもの➁:ビニールバッグ

2つ目のおすすめアイテムは、ビニールバッグです。

ビニールバッグがおすすめの理由は、濡れたものも入れることができるからです。

 

パーソナルトレーニングは、自身で行うトレーニングよりも何倍もきついです。

今までかいたことのないような量の汗をかく人もいるでしょう。

しかし、ビニールバッグであればびちゃびちゃの衣類を入れても漏れてくることはありません。

 

ビニール袋に入れるのもおすすめですが、袋が破れていると大変ですよね。

そのため、ビニールバッグがおすすめです。

 

今日年からPVCバッグは非常に人気です。

お洒落なアパレルブランドから、ビニールバッグが販売されているので是非チェックしてみてくださいね。

 

トレーニングウェアと一緒にあると便利なもの➂:汗防止バンド

3つ目は、汗防止バンドです。

女子サッカーの選手が頭に着けている、あのバンドです。

汗防止バンドをつけていると、汗が垂れてきても目に入りません。

 

本当にそこまでする必要がある?

と思うかもしれませんが、パーソナルトレーニングでかく汗の量は尋常ではありません。

いちいち汗をぬぐっているのも面倒くさいでしょう。

 

また、汗防止バンドは髪の毛もまとめてくれます。

激しい動きをしていても、邪魔にならないのでおすすめですよ!

 

トレーニングウェアと一緒にあると便利なもの➃:グローブ

最後のおすすめアイテムはグローブです。

特に筋トレをしている際に非常に便利なアイテムです。

 

重いおもりをもつと、手にマメができたり赤くはれてしまう場合もあります。

そのマメや赤みが痛くなり、トレーニングができなくなってしまう場合もあるのです。

 

そうならないためにも、グローブがおすすめです。

手の負担を軽減してくれるだけではなく、滑りにくくもなります。

 

筋トレに注力したい人はもちろん、初心者の人も用意しておくのがおすすめです。

 

3.トレーニングウェアを選ぶ際のポイント

おすすめアイテムを紹介したところで、実際にお店に行ってみよう!と思っている人も多いでしょう。

トレーニングウェアを選ぶ際のポイントを確認していきましょう。

 

ポイントは、以下の3点です。

 

  1. 最低2セットは用意しておく
  2. サイズが変わるので高価なものは避ける
  3. 安すぎてもNG!機能性を重視する

 

では、1つずつ見ていきましょう。

 

トレーニングウェアを選ぶ際のポイント➀:最低2セットは用意しておく

トレーニングウェアは、最低でも2セットは用意しておきましょう。

週に2回のトレーニングであれば、1着でも問題はないでしょう。

 

しかし、万が一破れてしまった際の予備としておいておけば便利です。

毎回同じ服装でトレーニングをするのは、モチベーションも高まりません。

そのため、最低でも2セットあれば安心です。

 

ですので、トレーニングウェアは、最低でも2セット用意しておきましょう。

 

トレーニングウェアを選ぶ際のポイント②:サイズが変わるので高価なものは避ける

トレーニングウェアは、1着数万円するような高価なものは避けましょう。

なぜなら、トレーニングによってサイズが変わる可能性があるからです。

 

サイズが変わって着られなくなれば、勿体ないですよね。

2ヶ月みっちりとメニューをこなしていれば、ほとんどの人は入会時に買ったウェアはもうサイズが合わないはずです。

そのため、サイズが変わっても問題ないように、比較的リーズナブルなウェアを用意しましょう。

 

トレーニングウェアを選ぶ際のポイント➂:安すぎてもNG!機能性を重視する

トレーニングウェアは、機能性も大切です。

いくら安くて、かわいくても、機能性が悪ければ使いにくいでしょう。

 

具体的には、以下の点が挙げられます。

 

  1. ポケットがついている
  2. 吸水性に優れている
  3. 軽い
  4. 速乾性がある

 

このような条件をクリアしているウェアがおすすめです。

トレーニング中のストレスを最小限に抑えることができるトレーニングウェアが必要です。

 

4.面倒な人はレンタルもおすすめ

ここまで読んで、「正直めんどくさい!」と思っている人も少なからずいると思います。

これらのアイテムを全て買いそろえるのは正直言って大変ですよね。

 

特にこだわりはないし、トレーニングができたらいい!

そんな人におすすめなのが、レンタルです。

パーソナルトレーニングでは、ウェアをレンタルすることもできるんです。

 

その中の1つは、24/7ワークアウトです。

引用:公式ホームページ

24/7ワークアウトは安価な価格で高い効果を受けられるという話題のジムです。

安価な値段でライザップのような内容を受けられるといったイメージなのです。

 

ウェアやドリンクなどもすべて無料で貸し出してくれるために、手ぶらでトレーニングに通うことができます。

 

トレーニングウェア・タオル・プロテインなど必要なものは全てジムで貸し出ししております。もちろん個室シャワー室も完備。会社帰りの荷物だけで、手ぶらでもお気軽にお越しいただけます。店舗は駅近など交通の便もよい立地で、深夜24時頃までの店舗も多く、遅い時間まで営業しています。

引用:公式ホームページ

 

会社員の方は、仕事帰りにそのまま手ぶらでいくことができるので非常におすすめです。

 

f:id:taro8138:20170524185349p:plain

引用:公式ホームページ

【入会金とトレーニング費用について】

 

  • 入会金:38,000円
  • トレーニング料金:196,000円

 

【返金保障について】

 

  •  全額返金制度有り(30日以内)(その他規定の要件を満たした場合)

 

【無料カウンセリングついて】

トレーニングを受ける目的をまず相談することが可能です。

この際にトレーニング内容や料金についての説明を受けることができます。

お互いが合意の上の入会となるために無理や勧誘などは行っておりません。

 

【店舗アクセスと営業時間について】

営業時間(店舗によって営業時間に違いがございます)

 

  • 全日:7:00~24:00
  • 定休日:不定期

 

全国の店舗への詳しいアクセスはこちらから

 

 

 

トレーニングウェアレンタルのメリット

トレーニングウェアレンタルは、下記の2点のメリットがあります。

 

  1. 手ぶらで行ける
  2. 洗濯しなくていい

 

では、1つずつ見ていきましょう。

 

トレーニングウェアレンタルのメリット➀:手ぶらで行ける

1点目は、手ぶらで行くことができるということです。

トレーニングウェアをすべて自分で用意する場合、最低でも下記の衣類を準備しなければいけません。

 

  1. Tシャツ
  2. 短パン
  3. 変えの下着
  4. シューズ
  5. その他必要となるもの

 

これらを全て手持ちで行くと、それだけで鞄がいっぱいになるでしょう。

 

しかし、レンタルの場合はこれら全てを貸してもらえます。

会社帰りもそのまま手ぶらで行くことができるのです。

これは、かなり便利ですよね。

 

トレーニングウェアレンタルのメリット➁:洗濯しなくていい

2つ目は、洗濯しなくていいということです。

なぜなら、使ったものをそのまま返却するからです。

 

自分で持っていく場合、普段の洗濯物に加えてウェアなどが加わり、かなり量が増えてしまいます。

そのたびに憂鬱な気分になってしまいますよね。

 

 

トレーニングウェアレンタルの場合、洗濯する必要もないのです。

 

あなたに合ったウェアでトレーニングしよう!

パーソナルトレーニングの際の服装はあなたが心地よくトレーニングできるものがおすすめです。

特に以下のポイントを抑えておくのがいいですよ。

 

  1. サイズがあっているもの
  2. 伸縮性のあるもの
  3. 汗を吸うポリエステル素材のもの
  4. 靴はソールが硬いもの
  5. モチベーションが上がるもの

 

また、トレーニングウェアの準備が面倒という場合には、レンタルも可能です。

24/7ワークアウトは、全て無料でレンタルできるので非常に便利です。

気になる!という方はまずは無料カウンセリングに行ってみましょう!

 

 

パーソナルトレーニングに興味がある方はこちらの記事もあわせてどうぞ!

無料カウンセリングのあるおすすめパーソナルトレ―ニングジムは?無料でトレーニング体験できるジムも紹介!

パーソナルトレーニング のメリットデメリットを徹底比較!13のポイントから検証してみた!

初心者こそパーソナルトレーニング!スポーツジムとの違いや選び方のポイントを解説