パーソナルトレーナーになるために必要な知識とは?活躍するために必要なスキルもご紹介!

こんにちは!

トレーニング大好きフリーランス太郎(@taro8138)です。

 

学生時代、スポーツに励み、将来はパーソナルトレーナーとして活躍したいと考えている方は多いのではないでしょうか。

しかし、パーソナルトレーナーと一言でいってもNSCA-CPTNESTA-PFTなど様々な資格がありどんな人を対象に指導を行いたいのかによって必要となる知識は異なります

 

そこでこの記事では

 

  • パーソナルトレーナーになるために最低限必要な知識
  • パーソナルトレーナーとして活躍するために必要な知識

 

について解説していきます。

 

パーソナルトレーナーになりたい方、パーソナルトレーナーとして活躍したい方はこの記事を参考にして勉強をしてみてくださいね!

 

 

パーソナルトレーナーに必要な知識とは?

パーソナルトレーナーに必要な知識は大きく分けて2つあります。

一つ目は、解剖学や生理学、栄養、トレーニングといったトレーナーとして活動していくうえで必要な最低限の知識

二つ目は、営業スキルやマーケティング、コミュニケーション能力といったトレーナーとして活躍するための知識

 

一般的には一つ目の解剖学や生理学の知識が大切だと思っている方が多いのではないでしょうか。

もちろん、それらの知識は非常に重要で、知識がなければそもそも活動ができません。

 

しかし、パーソナルトレーナーとして活動していくうえで、レベルの高いアスリートをサポートしたい、憧れのモデルのボディメイクに関わりたいといった目標を持っているはずです。

そんな目標を達成するために必要なのが営業やマーケティングといった活躍するための知識。

 

そこで、ここからはトレーナーとして活動していくために必要な知識と活躍していくうえで必要な知識について解説していきます。

 

パーソナルトレーナーになるために最低限必要な専門知識

はじめに、パーソナルトレーナーになるために

 

  • 人体に関する知識
  • 栄養うに関する知識
  • トレーニングに関する知識

 

と最低限必要な知識について説明していきます。

パーソナルトレーナーにこれからなりたいけど、どういった勉強をしていかなければならないのか知りたい方は参考にしていただければ幸いです。

 

人体に関する知識

パーソナルトレーナーは人の体を相手にする職業です。

どんな運動を行うと人体にどんな影響が起こるのかを知るために、

 

  • 解剖学
  • 生理学
  • 運動学

 

といった知識は必須です。

 

これらの知識がなければ、トレーナーに関する資格の取得もできず、クライアントからの信頼もなくなってしまうでしょう。

「〇〇筋が張っていることが原因で体が歪んでいるため、こういったトレーニングをして改善していきましょう」と原因を説明し、これから行うトレーニングの必要性が説明できるようにならなければなりません。

 

人体に関する知識は勉強し過ぎて困ることはないので、とことん勉強しておきましょう

 

栄養に関する知識

パーソナルトレーナーは筋トレやストレッチといった運動に関する知識が重要だと思われがちですが、栄養に関する知識も習得しておきましょう

クライアントと最も接する時間が多いのはパーソナルトレーナーです。

トレーニング中に体に関する質問をされることも多くあります。

 

クライアントからすればトレーナーは体のプロです。必ずしもその場で正しく答えなければならないわけではありませんが、毎回答えに詰まってしまうと信用を失うことに繋がってしまうでしょう。

そうならないためにも、基本的な栄養学の知識も頭に入れておく必要があります

 

また、クライアントに関する情報を管理栄養士の方とやり取りをする場面も考えられます。その時に知識がない状態で話してしまうと、コミュニケーションが上手く取れない原因にもなりかねないので、栄養学の知識の習得は大切です。

 

トレーニングに関する知識

トレーニングに関する知識と言っても様々です。

 

  • クライアントに適切なトレーニングを実施するための評価方法
  • 実際に行うトレーニングの方法
  • トレーニング後のストレッチ

 

と、大枠でとらえるなら上記のようになります。

 

実施する評価やトレーニング、ストレッチの種類によって異なる解剖学や生理学の知識が必要です。

クライアントに根拠を示し、説得力のあるトレーニングを行うためにも、トレーニングだけでなく、体の機能に関する知識も同時に習得していきましょう。

 

 

パーソナルトレーナーで活躍するために必要な3つのビジネススキル

ここからはパーソナルトレーナーとしてより高いレベルで活躍するために必要なスキルについて解説していきます。

どれだけ人体に関する知識やトレーニングに関する知識を持っていても、自分を売り込むためのスキルがなければ、そのスキルを発揮する機会は減ってしまうでしょう

 

少しでもトレーナーとして高いレベルで活躍したい人はこれから紹介する、

 

  • 営業スキル
  • マーケティング
  • カウンセリング/コミュニケーション能力

 

を必ず身につけましょう。

 

自分を売り込むための営業スキル

「パーソナルトレーナー」と「営業」の関係性ってあんまりイメージしにくいですよね?

ですが、パーソナルトレーナーとして活躍していくために営業のスキルは非常に大切です。

 

そもそも、活動していくためには活動するための場が必要です。

その場を獲得していくためには自分を売り込んでいかなければなりません

 

これは特にスポーツ分野で活躍したいトレーナーの方は必須でしょう。プロレベルのアスリートのサポートをしたいと考えている人はごまんといます。

いくら努力してもプロの現場に繋がるチャンスが手に入らないこともあるでしょう。

プロへ繋がる機会を少しでも多く掴むためにも自分を売り込むための営業スキルは身につけておくべきです。

 

相手のニーズをとらえるためのマーケティング知識

マーケティングに関する知識もトレーナーとして活躍していきたいのであれば重要です。

マーケティングとは、「顧客のニーズに合ったものを最適な形で提供するための活動」だとされています。

 

どれだけ知識、スキルがあるトレーナーでも、相手の目的に沿わないトレーニングを提供してしまっては信頼を得られません。

相手の目的や目標が何かを把握したうえで、最適なトレーニングを提供するためにもマーケティングに関する知識も習得しておくと良いでしょう。

 

また、相手が求めているニーズを理解することで、自分のどんなスキルを売り込むことができるか考えるきっかけにもなり、営業にも役立ちます。

 

相手から情報を引き出し、伝えるためのカウンセリング/コミュニケーション能力

マーケティングのスキルで相手のニーズを掴むことも大切ですが、現場でクライアントからどんな情報を引き出せるかも重要です。

現場で引き出された情報は生の情報であり、評価やトレーニングを行っていくうえで大切な要素がたっぷり詰まった情報になります。

スムーズにトレーニングを進めていくためにも、カウンセリングやコミュニケーションに関するスキルは身につけておきましょう。

 

また、クライアントによって納得しやすい表現は異なります。数字を出して伝えた方が良いのか、感情に訴えかけて伝えた方が伝わるのか。

いかに結果を出すためのトレーニングと言えども、相手に伝わらなければ不信感に繋がります

お互いが気持ちよくトレーニングを実施するためにも、カウンセリング、コミュニケーションスキルは重要です

 

 

パーソナルトレーナーになるための3つの勉強方法

最後にパーソナルトレーナーになるための勉強方法を3つご紹介します。

今の自分状況にあわせて、どの勉強方法が最適か考えて勉強に励んでみてくださいね!

 

国家資格を取得できる大学・専門学校に通う

現在、高校生で将来パーソナルトレーナーとして活動していきたいと考えているのであれば、大学や専門学校に通うのが一番でしょう。

 

大学や専門学校であれば理学療法士や柔道整復師といった国家資格を取得することも可能です。

トレーナーに関する多くの資格は大学や専門学校を卒業しないと受験することすらできません。

そのため、他のトレーナーと差別化を図り、クライアントからの信用を得るためにも国家資格を取得することは活動していくうえでも大切であると言えるでしょう。

 

パーソナルトレーナー養成学校に通う

大学や専門学校で勉強する場合、2~4年という長い年数が必要であり、費用も200~400万円ほどかかると言われています。

しかし、パーソナルトレーナー養成学校であれば数か月から半年程の短期間費用も40~60万円と大学や専門学校と比較して時間、費用共に抑えることで可能です。

 

また、パーソナルトレーナー養成学校では多くの場合、現場で実績のあるトレーナーによる指導を受けることができ、場所によっては現場で経験を積むこともできます

 

そのため、短期間で費用を抑えてトレーナーとしての知識を学びたいのであれば、養成学校に通うのが一番おすすめです!

 

 

独学で資格取得を目指す

学校に通う時間もなく、お金もかけられない!という方は独学で資格の取得を狙うことも可能です。

 

独学の場合は国家資格を取得することはできませんが、NSCA-CPTやNESTA-PFTなどのパーソナルトレーナーの資格を勉強して取得することはできます。

しかし、パーソナルトレーナーの知識を習得するためには莫大な勉強量が必要であり、実践でスキルを身につける必要もあります

もちろん独学で知識を身につけることは不可能ではありませんが、パーソナルトレーナーとして活躍したいのであれば、養成学校などの学校に通った方が良いでしょう

 

知識だけでなく、スキルも忘れずに身につけよう

この記事ではパーソナルトレーナーになるため、活躍していくために必要な知識を解説していきました。

パーソナルトレーナーとして高いレベルで活躍したいという希望を持っているのであれば、養成学校などの学校で知識とスキルの両方を学んでおくと良いでしょう。

人気の職業であるパーソナルトレーナーを目指す人は非常に多いです。

少しでも他の人と差別化を図るためにも活躍するためのスキルである営業やマーケティングの知識を確実に身につけておきましょう!

 

パーソナルトレーナーに興味がある方はこちらの記事もあわせてどうぞ!

パーソナルトレーナーになるための方法を徹底解説!トレーナーに必要な資格や取得法を紹介します!

パーソナルトレーナーになるには資格は必要なの?公認資格6種をまとめてみた