脱毛サロンの永久脱毛で「一生ムダ毛が生えてこない」はウソ?永久脱毛の定義と“脱毛の種類”を徹底解説!

エステサロンやクリニックで脱毛をすると、

「一生ムダ毛が生えてこない」と勘違いしていませんか?

 

永久脱毛をしたかったのに、

“永久脱毛ではない脱毛”に大金を使ってしまった…

なんて失敗談はよくある話なんです。

 

この記事では、永久脱毛の定義を解説し、日本で認められいている「永久脱毛の種類」についてご紹介しています。

 

最後まで読むと、永久脱毛とそうではない脱毛を区別することができ、

自分にぴったり合った「永久脱毛」を選べるようになっているでしょう。

 

永久脱毛を検討している人は、要チェックです!

永久脱毛は“一生ムダ毛が生えない”訳ではない!その理由とは

残念ながら、永久脱毛は、脱毛を完了させると「一生ムダ毛が生えてこない」という意味ではありません。

 

永久脱毛とは、アメリカで定められた「永久脱毛の定義」に当てはまった脱毛方法かどうか、なのです。

 

現在、日本で永久脱毛と認められている脱毛方法は「レーザー脱毛」「ニードル脱毛」の2種類があります。

 

まずは、永久脱毛の定義からご説明していきますね!

 

永久脱毛の定義は「ムダ毛の再生率が20%以下」である事

現在、日本はアメリカの「米国電気脱毛協会」が定める永久脱毛の定義に基づいています。

 

日本には、永久脱毛を定める法令がないのです。

 

最終脱毛から1ヵ月後の毛の再生率が、20%以下である脱毛法であること

 

つまり、永久脱毛とは「永久的にムダ毛が生えてこない」という意味ではありません。

 

永久脱毛は、ムダ毛の再生率が低いという意味であり、永久的な脱毛を保証してくれる訳ではないので、注意しましょう。

 

とはいえ、「1ヶ月後のムダ毛再生率が20%以下」ということは、たった1回の施術でも、脱毛効果が目に見えて分かるんです!

 

ポイント
永久脱毛ができるのは「ニードル脱毛」か「レーザー脱毛」のみ

 

では、「レーザー脱毛」と「ニードル脱毛」についてご説明していきますね!

 

永久脱毛の定番!クリニックでの脱毛は主に2種類ある

永久脱毛の定番といえば、クリニックでの医療脱毛ですよね。

医療用の脱毛機器は、ドクターや看護師など医療従事者のみ扱うことが出来るんです。

 

ところで「医療脱毛」といっても、種類があることを知っていますか?

脱毛機器は主に2種類に分けられ、レーザーで破壊する“ターゲット”が異なるのです。

 

 

1つめは、一般に広く知られている根毛をターゲットにした脱毛機器です。

この脱毛機器は、レーザーをメラニン色素(黒い色)に反応させ、根毛を破壊します。

 

 

2つめは、バルジ領域と呼ばれる“発毛司令塔”をターゲットにした脱毛機器です。

最近開発された新しいタイプの脱毛機器で、痛みが少ないメリットがあり、SHR脱毛や蓄熱式とも呼ばれています。

 

このように、医療脱毛といっても、脱毛機器には種類があるので、それぞれのメリット・デメリットを比較して決めると良いですね。

 

次は、2種類の医療脱毛について詳しくみていきましょう。

 

効果が早くでると人気!根毛を破壊するレーザー脱毛

根毛をターゲットにした脱毛機器は「アレキサンドライトレーザー」という機種が主流で、

 

レーザーをメラニン色素(黒い色)に反応させ、根毛を破壊します。

 

ムダ毛が黒い日本人と相性が良く、国内で最も使用されている脱毛機器なんです。

 

「アレキサンドライトレーザー」は、黒く濃いムダ毛に反応しやすく、脱毛効果が早くでるのが特徴。

照射してから早くて1週間ほどでムダ毛が抜け落ちます。

 

黒くて濃いムダ毛ほどよく反応するので、

ムダ毛が濃いと悩んでいる人や、ワキやVIOなどムダ毛が太いパーツの脱毛におすすめです。

 

一方で、痛みを強く感じるデメリットも。

とはいえ、脱毛回数を重ねるたびにムダ毛は薄くなってくるので、そのぶん痛みも少なくなってきます。

 

ほとんどのクリニックでは、麻酔を使用した脱毛も可能なので、痛みに弱い人も安心して下さいね。

 

痛みが苦手な人に◎バルジ領域を破壊するレーザー脱毛

もうひとつの医療脱毛は、バルジ領域をターゲットにした脱毛機器です。

 

バルジ領域とは、“発毛司令塔”とも呼ばれており、「ムダ毛を生やせ」と根毛に命令を出す働きを持っています。

 

このバルジ領域を破壊すると、根毛に命令を出すことができません。

 

このように“発毛司令塔”を破壊してムダ毛の成長を防ぐ脱毛方法は、

蓄熱式SHR脱毛と呼ばれており、「メディオスターNeXT」という機種が主流です。

 

この機種は、医療脱毛なのに痛みが少ないのが特徴で、効果が出にくいうぶ毛までしっかり脱毛できるメリットがあります。

また、メラニン色素(黒い色)に反応しないので、日焼けした肌にも照射OKなんです。

 

“発毛司令塔”を破壊するため、すぐにムダ毛が抜け落ちることはないので、脱毛効果を感じるのに少し時間がかかるデメリットも。

 

蓄熱式の医療脱毛は、痛みに弱いけど永久脱毛をしたい人、うぶ毛までしっかり脱毛したい人におすすめです。

 

永久脱毛のひとつ「ニードル(針)脱毛」とは?


永久脱毛のひとつである「ニードル脱毛」は、「針脱毛」や「電気美容脱毛」とも呼ばれています。

 

その名前の通り、専用の針をムダ毛1本1本に挿入し、電流を流して根毛を破壊します。

 

ほかの脱毛と違い、施術当日はムダ毛を生やしておく必要があり、脱毛後すぐにムダ毛が抜け落ちるのが特徴です。

 

毛穴に針を刺して電流を流すので、痛みが非常に強いデメリットも。

 

 

ニードル脱毛は高い技術力と、徹底した衛生管理が必須なので、施術を受けられる場所は数多くありません。

 

全身を永久脱毛するなら「レーザー脱毛」を選ぼう!

ニードル脱毛は、ムダ毛1本1本を処理するため、脱毛料金はムダ毛の本数によって決まります

 

たとえば、両脚をニードル脱毛しようと思うと、かなりムダ毛の量が多くなりますよね。

背中や脚など範囲が広いパーツは、ニードル脱毛にあまり向きません。

 

料金が高くなるだけではなく、施術時間も長くなってしまうのです。

 

 

全身を永久脱毛したい人は、クリニックでのレーザー脱毛を選びましょう!

ニードル脱毛より安くすませることができ、さらに短時間でツルツルになりますよ♪

 

眉下など細かいパーツを脱毛したい人は「ニードル脱毛」を

ニードル脱毛の良いところは、細かいパーツまでツルツルにできること!

 

たとえば、眉毛のムダ毛や、乳首・乳輪周りなど色素が濃いパーツなどは、医療脱毛では照射できません。

つまり、細かいパーツまで徹底的にツルツルにできるのはニードル脱毛だけなんです。

 

 

ニードル脱毛は、眉毛や、乳首・乳輪周りなど細かいパーツを美しくしたい人におすすめです。

 

 

ニードル脱毛で人気があるパーツは、口の周り、眉毛、乳輪周り、足の指など。

これらのパーツは、ムダ毛の本数も少ないので、安く脱毛することができます。

 

ニードル脱毛のおすすめは「エステティックTBC」


ニードル脱毛を体験できるのは、大手サロンであるエステティックTBCです。

TBCは老舗のエステティックサロンなので、教育制度がしっかりしており、衛生面も徹底されています。

 

「TBCスーパー脱毛」というメニューで、1本あたり100〜150円で脱毛可能。

眉毛のムダ毛20本くらい脱毛したいな、という場合は、2,500円ほどでツルツルになれちゃうのです。

 

とはいえ、ニードル脱毛はかなり痛みを伴うので、痛みに弱い人は一度体験してみることをオススメします。

 

 

今ならTBCスーパー脱毛を1,000円で体験できるキャンペーンを開催中!

その場でツルツルになれるので、公式サイトから申し込んで下さいね。

 

TBCでニードル脱毛を1,000円体験してみる

 

 

まとめ:ムダ毛を早く減らしたい人は永久脱毛を選ぼう

ムダ毛を早く脱毛したい人は、永久脱毛を選ぶと失敗しません。

 

永久脱毛には「レーザー脱毛」「ニードル脱毛」の2種類があるので、

どこのパーツを脱毛したいかによって決めると良いですね。

 

全身や、背中や脚など広範囲をツルツルにしたい人は、レーザー脱毛を。

眉毛や乳輪周り、足の指など細かいパーツを脱毛したい人は、ニードル脱毛がおすすめです。

 

さらに、レーザー脱毛も2種類のタイプに分けられます。

 

  • 根毛を破壊するアレキサンドライトレーザー等
  • “発毛司令塔”を破壊するメディオスターNeXT等

 

ムダ毛が濃く太い人は
「アレキサンドライトレーザー」を導入しているクリニック。

導入クリニック例:レジーナクリニック

 

 

 

痛みが苦手な人や、日焼けをしている人は
「メディオスターNeXT」を導入しているクリニックを選びましょう。

導入クリニック例:リゼクリニック

 

 

 

永久脱毛でツルツル美肌をゲットして、ムダ毛処理に悩まない生活を送って下さいね!

 

脱毛のことをもっと知りたいという人はこちらの記事もあわせてどうぞ

脱毛サロンと医療脱毛はどっちがおすすめ?【違いを徹底比較!】