生理中の脱毛とそのリスクを徹底解説!生理中でもVIO脱毛ができるクリニックをご紹介

 

生理周期が安定していない人にとって、脱毛の予定を立てるのは悩ましいもの。

予約当日に生理になってしまった…なんてことは珍しくありません。

 

脱毛サロン・脱毛クリニックによって生理に関するルールが大幅に異なるので、契約前に確認しておく必要があるんです。

 

この記事では、脱毛サロンやクリニックを選ぶとき、生理について確認しておくべきポイントをまとめています。

 

さらに、生理中に脱毛するリスクについても解説しているので、生理周期が安定していない人は要チェックです!

 

最後まで読むと、自分にぴったり合ったサロン・クリニックを選べるようになるでしょう。

 

生理中に脱毛するリスクとは?

生理中は、女性ホルモンのバランスが変化したり、お肌が敏感になったりとデリケートな時期。

 

実は、生理中の脱毛をオススメする脱毛サロン・クリニックはほとんどありません。

生理で体調が優れない場合は、脱毛を避けた方がベストなんです。

 

脱毛は、肌に光/レーザーを照射するため、お肌に負担がかかる行為。

お肌が敏感な時期である生理中に脱毛をすると、肌トラブルが起きる可能性が高くなるのです。

 

とはいえ、ほとんどのサロン・クリニックでは、生理中でもデリケートゾーン以外であれば脱毛OK!

 

ただし、シースリーのように、生理中の脱毛は一切受け付けていない脱毛サロンもあるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

 

生理中でも基本的に脱毛OK!断られる場合も有

基本的には、生理中であっても脱毛することができます。

とはいえ、デリケートゾーンの脱毛は断られたり、体調によっては施術を受けれなかったりする場合があります。

ここでは、生理中の脱毛で断られるパターンをご説明しています。

 

デリケートゾーンの脱毛はNGなサロンクリニックが多い

デリケートゾーンとは、Vライン、Iライン、Oライン、ヒップラインのことを指します。

ショーツに覆われている部分、をイメージすると分かりやすいかもしれませんね。

 

生理中は、このデリケートゾーンすべて脱毛することができません。

理由としては、施術台や脱毛機器に経血がついてしまうなど、衛生面を考慮してのこと。

 

タンポンを着用している場合のみデリケートゾーン脱毛OK、というサロン・クリニックもありますが、かなり少数です。

 

生理中でもVIO脱毛ができるサロン・クリニックは、この記事の最後に紹介しているので、ぜひチェックして下さいね。

 

痛み止めを服用している場合は施術NG

基本的には、薬を服用している場合、脱毛を受けることができません。

 

生理痛がひどく、毎回痛み止めを飲んでる人も多いのではないでしょうか。

春先など、花粉症の薬が手放せない時期もありますよね。

 

薬には様々な副作用があるため、脱毛の光/レーザーで肌トラブルが起きてしまう可能性が高くなります。

そのため、薬を飲んだら脱毛NGとしているサロン・クリニックが多いのです。

 

とはいえ、生理痛やPMS(生理前症候群)などを緩和するため、低用量ピルを飲んでいる人も多いと思います。

低用量ピルのみ、飲んでいても脱毛OKと認められているので安心して下さいね。

 

常飲している薬がある場合は、必ず薬剤師さんやサロン・クリニックのスタッフに相談しましょう。

 

また、薬だけでなく、ワクチンなど注射を打ったときも必ず申告する必要があります。

同意書にサインをしたら、薬を飲んでいても脱毛OKというサロン・クリニックも。

 

  • ○○の薬なら脱毛OK
  • 脱毛の前後1日は薬を飲んではダメ
  • 予防接種前後の脱毛はNG

 

サロン・クリニックによって、薬に関するルールが異なるので、あらかじめ確認しておくと安心です。

 

脱毛当日に生理になってしまった場合の対策法とは?


脱毛当日、生理になってしまったら困りますよね。

生理になると、キャンセル料がかかってしまったり、回数消化になってしまったり、損をしてしまう可能性が高くなるのです。

 

ここでは、生理中の脱毛で注意すべきポイントをまとめています。

最後まで読むと、生理中でも失敗せずに脱毛することができるでしょう!

 

デリケートゾーン以外のパーツを脱毛する

脱毛当日に生理になってしまった場合、
デリケートゾーン(VIO)以外のパーツを脱毛するのが対策のひとつです。

 

デリケートゾーンを照射していなくても「VIO1回分消化」になるサロン・クリニックがあるので注意しましょう。

 

 

もちろん、照射できなかったVIOを後日施術してくれるサロン・クリニックもあります。

同じサロン・クリニックでも、プランによってルールが異なる場合があるので、事前に確認しておきましょう。

 

特に、生理周期が安定していない人は、回数消化がないサロン・クリニックや、脱毛プランを選ぶと安心ですね。

生理中の脱毛に関するルールは、サロン・クリニックによって大きく異なるので、契約前にしっかり確認しておくと失敗しません。

 

湘南美容クリニックなら生理中でもVIO脱毛が可能


ほとんどのエステサロン・クリニックでは、生理中のVIO脱毛はNGとしています。

生理が終わりかけで、ほとんど出血していないとしても、施術を受けることはできません。

 

唯一、生理中でもVIO脱毛ができるのが湘南美容クリニックです。

湘南美容クリニックでは、タンポンを着用している場合のみ、生理中でもVIO脱毛がOK!

 

当日キャンセルをする必要がなく、計画通りに脱毛ができるのは嬉しいですよね。

衛生面も徹底している美容クリニックなので、生理中も安心して施術をお任せすることができるんです。

 

とはいえ、生理中にVIOの事前処理をするのは少し大変、という声が多いのが現状。

 

 

全身脱毛の場合、別日にデリケートゾーンだけ照射することも可能なので、VIO脱毛の日を改めても良いですね。

もし、生理中にVIO脱毛をするときは、施術当日にその旨を伝えましょう。

 

 

急に生理になってしまった場合でもキャンセル料が必要


脱毛当日に生理になってしまう人は、少なくありません。

 

生理痛が酷くなく、体調に問題がなければデリケートゾーン(VIO)以外の施術を受けることができます。

気分が悪かったり、痛み止めを飲んでいたりすると、施術を断られるので注意しましょう。

 

また、残念ながらほとんどのサロン・クリニックでは、当日キャンセルすると、ペナルティが発生します。

 

キャンセル料ではなく、当日キャンセルは「1回分消化」というサロン・クリニックも。

 

 

サロン・クリニックによって、キャンセルに関するルールが異なるので、契約前にしっかり確認しておくことをオススメします。

 

特に、生理周期が安定していない人は、当日キャンセル料が無料のサロン・クリニックを選ぶと安心ですね。

 

アリシアクリニックは、キャンセル料がないなので、脱毛当日に生理がきてしまっても無料で予約変更が可能

生理不順の人に人気があるクリニックです。

 

“生理に関するルール”を確認しておくと失敗しない!

生理中は、お肌が敏感な時期なので、脱毛をすることで肌トラブルが起きてしまうリスクが高くなります。

 

とはいえ、基本的には、生理中でもデリケートゾーン以外であれば脱毛可能です。

 

生理中でも脱毛はできますが、
VIOは回数消化になることもあり、損をする可能性が高くなります。

 

失敗しないためには、契約前に脱毛サロン・クリニックのルールを確認しておくことが重要です。

 

チェックしておきたい項目は下記の通り。

 

  • 生理に関するルール
  • 生理中でも脱毛はできるのか等
  • 薬に関するルール
  • 同意書ありなら脱毛できるのか等
  • 当日キャンセルのペナルティについて
  • キャンセル料は発生するのか、回数消化なのか等

 

生理周期が安定していない人は、
キャンセル料や、回数消化がないサロン・クリニックでの脱毛がおすすめ!

 

上記のチェック項目をすべて確認しておけば、生理に振り回されずに、ツルツル美肌をゲットできるでしょう♪

 

生理中でもVIO脱毛が実施できるのは湘南美容クリニックだけなので、安心して脱毛をしたいという方はまずこちらでカウンセリングを受けることをおすすめします!

 

 

 

以上、「生理中の脱毛とそのリスクを徹底解説!生理中でもVIO脱毛ができるクリニックをご紹介」でした!

 

脱毛に興味がある方はこちらの記事もあわせてどうぞ!

VIO脱毛後におすすめの黒ずみ対策ってあるの?デリケートゾーンに黒ずみができる原因もご紹介!