脱毛サロンに通うときは食事管理をしよう!注意点や摂るべき栄養素を紹介

脱毛サロンに通う際、食事管理を一緒にするべきなことをご存知ですか?

 

脱毛中に食事管理をすると体や肌にメリットがあります。

脱毛サロンで受けたダメージを軽減できたり、痩せやすくなったりします。

 

今回は食事管理をするべき理由から摂るべき栄養素までを詳しくご紹介します。

 

ぜひ参考にして食事管理をおこなってみてください。

 

脱毛サロンで食事管理をする理由

脱毛サロンで食事管理をする理由は美意識が高くなって綺麗な体を目指しやすくなるからです。

 

脱毛サロンに通う方は綺麗になりたいという思いで通っている方が多いですよね。

その時に一緒に食事管理をしてもらうと美意識で自己管理能力が高まっているため、普段のダイエットより効果が出やすくなっています。

 

脱毛して綺麗な肌になっているのに体は今のままでは勿体無いですよね。

 

また、現在では施術の際脂肪細胞を小さくするクリームを塗って脱毛してくれるサロンもあります。

痩せながら脱毛することができます。

 

ぜひ食事管理も取り入れてください。

 

脱毛中の食事管理の注意点4つ

脱毛中食事管理をする時に注意することがあります。

 

  1. ストレスを溜めない
  2. 極端な食事制限をしない
  3. 消費カロリー>摂取カロリーを守る
  4. 脂質を減らした食事にする

 

以下で詳しく説明していきます。

 

脱毛中の食事管理の注意点①ストレスを溜めない

ストレスはやる気を妨げて、挫折することに繋がります。

無理のない程度に食事管理しましょう。

 

日々の生活でつい食べ過ぎてしまったなんてこともあると思います。

その時は自分を責めることはしないで、次の日からまた気をつけて少し運動量を多くするなどの工夫をしましょう。

 

毎日楽しいと思いながら続けていくことが大切です。

 

脱毛中の食事管理の注意点②極端な食事制限をしない

断食や極端な減食をするのは絶対にやめましょう。

人間にとって最低限必要な食事は摂るようにしてください。

 

減食や断食開始直後は体重が順調に減っていきます。

しかし、すぐに停滞期に入ってしまうため痩せていくことが難しくなっていきます。

 

では必要最低限のエネルギーとはどのくらいでしょうか。

女性の平均的な基礎代謝量はおよそ1200kcal、男性ではおよそ1600kcalと言われています。

つまりこの数値以上のカロリーは最低でも摂取するように心がけてください。

 

急に結果を求めるのではなく徐々に食事の管理をしていくことが必要です。

 

脱毛中の食事管理の注意点③消費カロリー>摂取カロリーを守る

消費カロリーが摂取カロリーを上回るようにしましょう。

 

  • 消費カロリーとは、基礎代謝と日常生活の活動、運動で消費されるエネルギーのこと!
  • 摂取カロリーとは、食べ物によって体内に取り込まれるエネルギーのこと!

 

消費カロリーが上回ると単純に余ったカロリーが脂肪に変わってしまいます。

 

1日に必要なカロリーの-300kcalになればいいと言われています。

女性の場合には1750kcalが1日で必要なカロリーなので、1450kcalです。

男性の場合は2300kcalが1日に必要なカロリーなので、2000kcal摂ることを目指しましょう。

 

食事管理が苦手な方まず第一歩として消費カロリー>摂取カロリーを試してみてください。

 

脱毛中の食事管理の注意点④脂質を減らした食事にする

食事管理をする上で脂質を必要以上に摂取することはおすすめしません。

 

唐揚げやとんかつなど油をつかったおいしいものはたくさんありますよね。

しかし、その油にはコレステロールを悪化させる飽和脂肪酸が多く含まれています。

トランス脂肪酸も多く含まれているので注意しましょう。

 

どうしても食べたくなったらオリーブオイルを使用した揚げ物を食べましょう。

オリーブオイルは体にいい脂肪酸で構成されています。

そのため悪玉コレステロールを減らして、善玉コレステロールを維持する働きをしてくれます。

 

必要以上の油の取り過ぎは脂肪を蓄積する原因になるので注意しましょう。

 

脱毛中に積極的に摂るべき栄養素3つ

脱毛中に摂るべき栄養素は3つです。

 

  1. ビタミンA
  2. ビタミンC
  3. たんぱく質

 

この栄養素はちゃんとバランスのとれた食事をした上で摂取していただきたいものになっています。

バランスのとれた食事とはPFCをしっかり摂取した食事のことを言います。

 

PFCとは?
  • Protein(たんぱく質):1日15〜20%
  • Fat(脂質):1日20〜25%
  • Carbohydrate(炭水化物):1日55〜65%

上記の数字を目安に1日の食事をする方法のことです。

 

数値だけではわかりにくいので1日の食事例を簡単にご紹介します。

 

朝食

  • 食パン
  • 野菜スープ
  • フルーツヨーグルト

 

昼食

  • パスタ(あっさりした味付けのもの)
  • 蒸し鶏のサラダ

 

夕食

  • 白米
  • ホッケの塩焼き
  • 野菜サラダ
  • 豆腐のみそ汁

 

飲み物は甘いものではなく、お茶や水、野菜ジュースなどがおすすめです。

上記の食事を意識したうえで以下の栄養素を意識して摂るようにしましょう。

 

脱毛中に積極的に摂るべき栄養素①ビタミンA

ビタミンAは皮膚や粘膜に関わる栄養素です。

お肌の基礎体力を上げてくれるので、脱毛でのダメージ早く回復してくれます。

 

ビタミンAが豊富な食材はほうれん草・人参・かぼちゃ・しそ・レバー・乳製品などです。

おすすめの調理法としては野菜炒めです。

油で炒めることで吸収率も高まり生の状態よりもたくさん食べることができます。

 

脱毛中に積極的に摂るべき栄養素②ビタミンC

シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑える働きのある栄養素です。

美肌には欠かすことができません。

 

肌の弾力にも関わってくるため、コラーゲンとの摂取もおすすめです。

そしてビタミンCは1度に大量に摂取しても吸収しきれず外に出てしまうのでこまめに摂るようにしましょう。

 

ビタミンCが多く取れる食材はパプリカ・ブロッコリー・カリフラワー・じゃがいも・キウイなどです。

おすすめの調理法としては、蒸し野菜です。

素材の味を損なうことなく美味しく食べることができますよ。

 

脱毛中に積極的に摂るべき栄養素③たんぱく質

上記にもたんぱく質は出てきましたが、たんぱく質はお肌にもいい栄養素です。

イキイキとした肌をキープする役割を持っています。

皮膚の40%はコラーゲンというたんぱく質で構成されています。

極端にたんぱく質を減らすと肌がシワシワになるので注意が必要ですね。

 

たんぱく質が多くなおかつ低カロリーな食材は豆類・鶏肉・アジ・イワシです。

おすすめの調理法としては、煮込み料理です。

煮込み料理はたくさんの野菜と同時に食べることができるので1度に様々な栄養を摂る事ができます。

 

脱毛中も食事管理を徹底して肌も体も綺麗になろう

せっかく綺麗になろうとしているのに食事管理しないのは勿体無いですよね。

美意識が高まっているうちに肌も体も綺麗になりましょう。

 

また、食事管理のやり方をもっと具体的に知りたい方は実際にスタッフの方に相談するのもおすすめです。

 

無理のない程度に楽しく食事背管理して脱毛をしましょう。

 

以上「脱毛サロンに通うときは食事管理をしよう!注意点や摂るべき栄養素を紹介」でした!

 

脱毛サロンに興味がある方はこちらの記事もあわせてどうぞ

脱毛サロンは一回で効果は出ないの?何度も通う必要があるのはなぜ?

脱毛サロンと医療脱毛はどっちがおすすめ?【違いを徹底比較!】

【医療脱毛と比較】脱毛サロンの効果の実態は?部位別での効果も検証!