まだ「プロテインは太る」だなんて言ってるの?プロテイン摂取こそダイエットへの近道ですよ

スポンサーリンク

f:id:taro8138:20161004214209p:plain

 

こんにちは!

筋トレ歴が10年を突破しました、旅するフリーランスの太郎(@taro8138)です。

今回は僕が周りの女性からよく聞かれる質問

 

「プロテインは飲んだら太るのか?」

 

という質問に真摯にお答えしたいと思います。

 

プロテインをただ飲むだけでは太る

まず結論から話すと、プロテインを飲むだけでは太ります。

プロテインというのは食品ですし、プロテインそのもののカロリーは低いですが、しかりとカロリーはあるんです。

食べるだけで痩せるものなんて素晴らしいものは世の中にありますか?(きゅうりは食べるだけで痩せるともいうけど、その話はまた別の機会にしましょう)

基本的に食品を摂取したら、そのもののカロリーを身体の中に吸収しますよね?だからプロテインをただ飲み続けたら太るというのはもちろん事実です。

ただ、なぜこぞって多くの人が「痩せるため、体を変えるためにはプロテインを飲め」というのか?

その点についてお話します。

 

プロテインはダイエットへのサポート食品

プロテインというと、筋肉をつけるための薬のように勘違いしている人がいます。しかしながら、プロテイン単体でそんな効果はないんです。

筋肉をつけるためにどんな栄養素が必要かみなさんはご存知ですか?それはたんぱく質です。

運動(筋トレ)をすると筋肉痛になりますよね?筋肉痛とは運動によって壊れた筋肉(筋繊維)が修復されている期間のことで、こういった筋肉痛を繰り返すことで筋肉は強く・大きくなっていきます。

そしてその筋肉痛時に必要な栄養素こそがたんぱく質なのです。十分なたんぱく質が摂取できていないと筋肉がしっかりと修復されなくなってしまうんです。

 

そしてプロテインは、その大切なたんぱく質を多く含んだ食品なのです。

 

人間が1日に必要としているたんぱく質は以下の通りになります。

 

f:id:taro8138:20161004142005g:plain

参照:※樋口満編著『新版コンディショニングのスポーツ栄養学』P63より

 

例えば体重が50kgの女性でダイエット期間中(筋力トレーニングをしている仮定)であればその人に必要なたんぱく質量というのは

 

体重50kg×体重1kgあたりに必要なたんぱく質量1.6~1.7g=80~85g

 

となり、80~85gとなるのです。

 

ちなみにたんぱく質85gを摂取するにはどの程度の食品を摂取する必要があるのかというと

 

たまご:14個(1個あたり6.2g)

牛乳:2.8L(200mlあたり6g)

鶏もも肉:450g(100gあたり18.9g)

豚バラ肉:590g(100gあたり14.3g)

牛バラ肉:670g(100gあたり12.3g)

 

というような膨大な量を食べなければいけなくなってしまうんです。

そしてこれだけの量を食べるとその分だけ食品のカロリーも摂取してしまいますよね?もし牛バラ肉を670gも食べたらそれだけで摂取カロリーは3000カロリーを超えます。ダイエットをしているのにそんな大量のカロリー摂取は絶対にできません。

 

なら、どうやって必要なたんぱく質を摂取すればいいのか?

そういった時に活躍してくれるものこそがプロテインなんです。プロテイン1食は大体120カロリー程度。そしてその1食で20~25gほどのたんぱく質を摂取することができます。

単純計算なら、プロテインを4食摂取すれば480カロリーでたんぱく質85gが摂取できてしまうということになるんです。

しかしながら、普段の食事にももちろんたんぱく質は含まれています。そのため食事で摂取しきれないたんぱく質を補う意味でプロテインを飲むべきなのです。

 

例えば、朝夕夜の3食合計でたんぱく質60gを摂取出来ているなら、足りない25gを補うためにプロテインを1食加えるべきということなのです。

 

ダイエットの基本は運動(筋トレ)とプロテインによる栄養補給

痩せるための基本については、以前こちらの記事にも書きました。

 

www.suzutaro.net

 

この記事を簡単に要約すると、ダイエットを成功させるためには

 

・筋肉をつけて基礎代謝を高め、痩せやすい身体を構築する

・食事管理の中で自分の摂取カロリーと消費カロリーを意識する

 

という2点が大切だと伝えています。

 

そして多くの女性は、筋肉をつける=ムキムキになるという考えの方がとても多いようなのですが、これは正しくはありません。

女性は男性よりも筋肉が発達しにくいですし、筋肉をつけることで身体全体のハリが出たり、身体が引き締まるというイメージを持って欲しいと思います。

 

少し前にFBで評判になった写真ですが、こちらの女性がとても良い例です。

f:id:taro8138:20161004150553j:plain

 

身長174cmの彼女の体型変化が一目瞭然でわかる3枚の写真があります。

一番左の写真から145ポンド(約65.8キロ)、122ポンド(約55.3キロ)、140ポンド(約63.5キロ)となっていますが、どの写真が一番綺麗なプロポーションをしていますか?

 

多くの人は間違いなく一番右の140ポンド(約63.5キロ)と答えると思います。

真ん中の写真の時より8kgも増えているのに、なぜこれだけ綺麗なプロポーションをしているのか?

 

これはこの女性がしっかり筋肉量を増やして、身体全体にハリがあり引き締まっている状態だからです。筋トレをすることでこれだけ身体に変化を起こすことができるのです。

 

ダイエットを成功させたいという方は、絶対に運動(筋トレ)をすることをご提案します!

 

食事の量を減らして一時的に体重(数字)を軽くするというダイエット方法はただの一過性です。食事を戻せば必ずと言っていいほどリバウンドします。

そして運動をして筋肉をつけるためのサポートとして、プロテインを必ず摂取してください。

筋肉をつけたいならば、プロテイン以上に特化された食品はありません。プロテインそのものを飲むだけでは太ります。しかしながら、運動をした後にプロテインを飲むことで、筋肉がついてダイエットへの近道となることは間違いないのです。

 

もし、現在ダイエット中なのにプロテインを飲んでいない!という方がいるならば、絶対にプロテインを取り入れることをお勧めします。

 

しっかり運動し、そしてプロテインを飲んでたんぱく質を補給し、痩せやすい身体と引き締まった身体を同時に手に入れましょう!

 

どのプロテインを買えばいいのかわからない人へ

プロテインは本当にたくさんの種類があって、どれを買えばいいのかわからないという方が多くいるかと思います。

そんなプロテイン初心者の方は、まずこちらを試してみてください。コストパフォーマンスが良いのにも関わらず、栄養価もとても充実していますし、1食あたり100カロリー前後とダイエットには最適です。

 

 

ダイエットを目指す全ての人は、プロテインを活用するべし!

いかがでしたでしょうか。

プロテインは筋肉を増やすためのサポート食品であり、筋肉を増やすための薬ではありません。

しっかりと効率よくプロテインを活用できれば、それはダイエットへの一番の近道となることは間違いありません。

まだプロテインを試したことがないというそこのダイエット中の方、運動後のプロテインを取り入れてみてください。

あなたのプロポーションが変わっていく楽しみを、今から味わうことができますよ。 

 

スポンサーリンク

この記事をSNSでシェアする‼︎




著者プロフィール︎

20160707165740

鈴木太郎(Suzuki Taro)

旅するフリーランサー、1989年8月13日生まれ。 サントリーに3年勤務後退職し、海外で活躍する日本人をインタビューしながら世界一周をするプロジェクトを実施。 アメリカDisney Worldスタッフ、サントリー酒類営業、MATCHA地域統括マネージャーなどを経て、現在はフリーランスとして活動中。Webサイト制作やWebメディアでのライターなどをしています。パリ在住。

詳しいプロフィールはこちら‼︎

お問い合わせはこちらから!

SNSをフォローする‼︎

Facebook Twitter feedlyで購読

関連記事

  1. ライフスタイル

    目的(テーマ)がない旅ほど危険なものはない

     僕が世界一周を経験をして帰国してからというもの、多くの人から…

  2. ブログ運営

    旅をしながら稼ぐ!!旅人必見!宿泊するだけで最低720円稼げてしまう方法を紹介します!!

    皆さん、こんにちは!太郎です! 旅をしていると、どうしてもネック…

SNSフォロー!読者登録はこちらから‼︎

最新記事

  1. 「なぜ外国人の男性は下の毛を処理するの?」理由をその道のプロ…
  2. 【料金安い順7選】男性利用可!大阪のヨガスタジオ料金ランキン…
  3. 【料金安い順13選】男性利用OK!東京のヨガスタジオ料金ラン…
  4. 【料金安い順13選】東京の通い放題プランがあるヨガ・ホットヨ…
  5. 1日2食食べる人・1日3食食べる人、同じカロリー数なら太りや…

カテゴリー

SuzuTarogのFBページ

  1. パーソナルトレーニング

    【痩せたい女子必見】美しすぎるパーソナルトレーナーAyaから学ぶボディメイク術と…
  2. カンボジア

    東南アジアの隠れ家的リゾート地!日本人にはあまり知られてない!?カンボジアのリゾ…
  3. インタビュー-アジア

    【INTERVIEWS】ベトナムにおける、スマートフォンを駆使したマーケティング…
  4. カナダ

    約10年ぶりの再会!時間は経っても、家族の絆は変わらない。
  5. 世界一周

    青島、ここってリゾート地だったのね。。。
PAGE TOP
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status