乗客が全然いないガラッガラの飛行機に乗ってモロッコへ!そしてこれからアムステルダムに向かいます。

スポンサーリンク

f:id:taro8138:20160406054309j:plain

こんにちは、太郎です。

現在は、モロッコのムハンマド5世国際空港にてトランジット待ち中。

ムハンマドっていうと、中東ではめっちゃメジャーな名前。

さながら日本でいうところの太郎と張るくらいです。

人名を冠した空港について考えてみる。

でもよくよく考えたら、人名がつく空港ってなんだかちょっと不思議じゃないですか?

有名人の名前を冠しているとしても、めっちゃその人推し!!みたいな。

 

個人的には、成田とか羽田とかその地名の方がなんかわかりやすくていい気がするんですけどね。

 

なんだかちょっと気になったので調べてみたら、、、あるわあるわ、世界の人名空港!!

 

アメリカには、ジョン・F・ケネディー空港があり

フランスにはパリ・シャルル・ドゴール空港があり

フィリピンにはニノイ・アキノ空港があり

 

おぉ、確かに歴史上の著名人ばかり。

個人的に、これはちょっと良いなって思ったのは

ポーランドのワルシャワ・ショパン空港。

 

ショパンといったら、ポーランド出身の稀代の天才音楽家。

f:id:taro8138:20160406060652j:plain

あ、実はこう見えて私、昔クラシックピアノをやってたんですよ。

 

良いなって思った理由としては、政治家じゃなくて、その国を代表する芸術家の名前を冠しているという点。

 

政治家だと、権力があるからその人の名前が空港の名前になりそうだけど、芸術家だったら、それだけ多くの人がその人のことを愛しているから空港の名前になりそう!

 

なんだか前置きが長くなってしまいましたが、旅の話に戻ります。

 

ポルトアレグレからサンパウロへ!

一週間ほどホームステイをしていたポルトアレグレからサンパウロへ飛行機移動!

バスなら15時間かかるところを飛行機なら2時間で行けちゃう。

バックパッカーはこの飛行機の楽さに慣れてはいけませんね。笑

 

ちなみにサンパウロには空港が二つあるのですが、ポルトアレグレから飛んで到着したのは、国内線向けのコンゴーニャス空港。

そこから国際線向けのグリューロス空港へと移動します。

 

最初は市営バスとか電車で移動を計画していたんだけど、なんと空港間をドアtoドアで移動してくれるシャトルバスがあることを発見!

 

空港間移動は大体1時間弱。

料金は45レアルでした。(1300円ほど)

バスの本数も30分に一本くらいのペースであったため、サンパウロの空港間を移動しなければいけない人がいたら、絶対にオススメです。(チケットは空港出入り口購入可能)

 

サンパウロからモロッコへ!

南米大陸からアフリカ大陸への大移動。

航空会社はロイヤル・エア・モロッコ!

旅で初めてのアフリカ系航空会社!前回のアジア-南米大陸の大移動で使った、トルコ航空がめちゃくちゃ良かったので、今回もちょっと期待!

だって名前に「ロイヤル」ってついているなんて、ちょっと期待値あがりませんか?笑

 

ただ単純な先入観で良いイメージを持っていたんですが、事前に調べてみたらそんなにサービスが良くないらしい。笑

でもチケット格安だったし、変更もできないからそのまま搭乗。

 

すると、、、

「あれ、これだけしか人いないの?」

 

そうなのです。

この旅も含めてそこそこ飛行機には多い回数を乗っているのですが、今までに経験したことがないような空席状況。

 

これが僕の前列たち

f:id:taro8138:20160406062810j:plain

そしてこれが後列たち。

f:id:taro8138:20160406062834j:plain

だ、誰も座っていない!!!!

 

そう、多分機内の空席率が6〜7割を超えてるんです!!笑

こんなに空席があるのは、人気がないのかただの偶然なのか。

最近、テロもよく起こっているしこれだけ人がいないと逆に怖い。。。笑

 

ただそんな私の心配をよそに、飛行機は普通に離陸し、ちゃんとモロッコに到着。

ご飯はあまり美味しくありませんでしたが、僕は席両隣を3列めいっぱい使い、横になって寝れたので満足。笑

 

ただクルーの人たちがあまりに仕事が少なすぎるようで、普通に客席に座って駄弁っているのには驚きましたけどね。

 

現在モロッコの現地時間は、夜22時半。

アムステルダムへのフライトは、明日のお昼12時半。

 

残り14時間ほどありますが、何かしら暇つぶしをしながら、空港泊を楽しみたいと思います。

 

 

あ、日本にも高知龍馬空港あったね。

 

僕の人生のバイブル。amazonにて1円から購入可能です。

スポンサーリンク

この記事をSNSでシェアする‼︎




著者プロフィール︎

20160707165740

鈴木太郎(Suzuki Taro)

旅するフリーランサー、1989年8月13日生まれ。 サントリーに3年勤務後退職し、海外で活躍する日本人をインタビューしながら世界一周をするプロジェクトを実施。 アメリカDisney Worldスタッフ、サントリー酒類営業、MATCHA地域統括マネージャーなどを経て、現在はフリーランスとして活動中。Webサイト制作やWebメディアでのライターなどをしています。パリ在住。

詳しいプロフィールはこちら‼︎

お問い合わせはこちらから!

SNSをフォローする‼︎

Facebook Twitter feedlyで購読

関連記事

  1. インタビュー-アジア

    【INTERVIEWS】Design Kompany Principal 森田玲さん

    Design Kompany Principalの森田玲(もりたあきら…

  2. アメリカ

    LAに到着!!高校時代の同級生とLA観光三昧!

    現在アメリカはLAの滞在中!世界一周最後の街は、世界一周旅に似合…

  3. フランス

    外務省勤務の友人と4年ぶりの再会!!フォアグラをつまみに語り明かしました。

    世界中を旅していると嬉しい再会もあります。大学の同期でもあり、現在…

  4. フィリピン

    【フィリピン2都市目‼︎】世界一危険な街だと言われるマニラへ到着‼︎

     本日マニラに到着‼︎マニラと言えば、世界一危険な街と言われ、映画…

SNSフォロー!読者登録はこちらから‼︎

最新記事

  1. 「なぜ外国人の男性は下の毛を処理するの?」理由をその道のプロ…
  2. 【料金安い順7選】男性利用可!大阪のヨガスタジオ料金ランキン…
  3. 【料金安い順13選】男性利用OK!東京のヨガスタジオ料金ラン…
  4. 【料金安い順13選】東京の通い放題プランがあるヨガ・ホットヨ…
  5. 1日2食食べる人・1日3食食べる人、同じカロリー数なら太りや…

カテゴリー

SuzuTarogのFBページ

  1. ライフスタイル

    【なぜ日本人男性はモテナイの?】日本に1年間住んでいた外国人女性に日本人男性が直…
  2. パーソナルトレーニング

    【料金安い順10選】六本木・麻布・赤坂のパーソナルトレーニングジム料金ランキング…
  3. ライフスタイル

    2016年に僕が買ったもの・使ったもの・ハマったもので本当に素晴らしかったもの1…
  4. ライフスタイル

    【国際恋愛したい人必見】外国人男性に聞いた日本人女性との恋愛で彼らが驚愕したこと…
  5. ライフスタイル

    日本の日常は海外にとっての非日常の連続だということを伝えたい
PAGE TOP
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status