セブ島の中心地にて、スペイン植民地時代の面影を見た‼︎

スポンサーリンク

 

セブに到着して1週間弱、ずっとセブ市街地のお隣にあるマクタン島というところに滞在していたのですが、やはりセブの中心地も見てみたいと思い少し足を伸ばしてまいりました!

マクタン島からセブの中心地であるセブシティまでは車で40分ほど!

 

f:id:taro8138:20160104135958p:plain

 

タクシーだと約250ペソ〜300ペソくらいが相場のようです。

 

今回セブシティに行くのに、見てみたいものは二つ‼︎

 

・サント・ニーニョ教会

・サン・ペドロ要塞

 

それぞれスペインに統治されていた時代に作られ、セブの観光名所となっているところなんですね。

 

これまで訪れてきた国々では、アジアの文化にしか触れていなかったので、今回初めて西洋文化に触れてきました!

 

ではまずはサント・ニーニョ教会から!

f:id:taro8138:20160104135959j:plain

サント・ニーニョという意味は「聖なる幼き子供」という意味で、子供のイエス・キリストを表しているそうです!

教会の中に入ってみると

f:id:taro8138:20160104140002j:plain

 

f:id:taro8138:20160104140000j:plain

 

奥に十字架が掲げられていて、皆さんがお祈りをされていました。

ちなみにこういったちゃんとした教会に入ったのが初めてだったのですが、装飾とか絵画とかすごく綺麗なんですね。

上を見上げると天井画も描かれていて、なんだか本当に吸い込まれそうな感じ。

f:id:taro8138:20160104140001j:plain

やはり聖なる空間なだけあって、少し通常の世界から切り取られたような不思議な感じがしましたね。

でもこれは日本のお寺とも大分違ったなぁ。

  

続いてはサン・ペドロ要塞!

先ほどとは打って変わって、危なそうな響きです。笑

f:id:taro8138:20160104140003j:plain

と思ったら、要塞の入り口に大きいクリスマスツリーが飾られていました。笑

クリスマスといっても、セブは気温30度超えしているので、全く情緒がありません。笑

正直、今が12月だと言われても全然納得できない感覚に陥ります。

 

元々この要塞は、スペイン統治時代に海賊やムスリム勢力に対する砦としての役割も担っていたそうです。当時は海岸線に面していたそうなのですが、すでにその海岸線は埋め立てされてしまっており、陸地に存在しています。

現在では要塞を中心とした公園となっていて、要塞の中は30ペソ払えば自由に観光することができます。

ちなみに無料で地元の女子大生がガイドツアーをやってくれるので、英語がわかる男性!オススメですよ!

僕はセーナちゃんに案内してもらいました。笑

f:id:taro8138:20160104140004j:plain

肌の色が黒過ぎですね、私。

 

彼女に、

大学を出たら何をするの?」

と聞いたら

「アメリカで仕事を探そうと思う!」

という答えが返ってきました。

 

こちらで大学まで行くとなると、もちろん皆さん優秀で英語なんかはとても達者です。

それにその能力を生かすとなると、やはり先進国に皆んな飛び立っていくんですね。

以前、こちらで医療を学んでいるフィリピン人に同じ質問をしたら、まさに同じくアメリカに行くといった質問が帰ってきたことを思い出しました。

彼の場合ははフィリピンだと労働環境が良くないから、アメリカに行くんだよとも教えてくれ、安定した仕事を得るために海外に出なければいけないということが、彼らの勉強に対する勤勉さや能力の高さにも繋がっているんじゃないかと感じましたね。

こういった人々を見ていると、自分ももっと色々なことを学生の時に学べば良かったなとつくづく考えてしまいます。

日本は自分が勉強したことが、そのままその後の仕事に繋がるといったことはあまり多くないですよね。

就職制度における企業の募集要項もそうですし、学生側だって勉強したことをそのまま生かそうと考えている人は少ないと思います。

しかしながら、そういった点は海外と比べるととても違っている。

海外では、

勉強したこと=就きたい仕事

という人がほとんどです。

もちろん、希望通りの仕事に就けないこともあるし、途中でやりたいことが変わる人もいます。

でももしやりたいことが変わってしまっても、彼らのすごいところというのが、専攻を途中で変えたり、大学院から違うことを学ぶ人がいるということです。

日本では、大学を出ていればとりあえずは大丈夫という風潮ですが、海外では大学院を出て一人前という考え方。

世界を旅してみて、宿泊している宿で特に欧米圏の学生なんかと話すと、まさに自分の国に戻ったら大学院に行くという人がたくさんいます。

んーすでに大学を卒業して4年経つけど、海外の大学院で勉強しなおすのもアリなんじゃないかと思ってしまいますね。笑

この旅が終わったら、もう一度これからの自分のために、勉強する時間を作りたいなと思います。

 

スポンサーリンク

この記事をSNSでシェアする‼︎




著者プロフィール︎

20160707165740

鈴木太郎(Suzuki Taro)

旅するフリーランサー、1989年8月13日生まれ。 サントリーに3年勤務後退職し、海外で活躍する日本人をインタビューしながら世界一周をするプロジェクトを実施。 アメリカDisney Worldスタッフ、サントリー酒類営業、MATCHA地域統括マネージャーなどを経て、現在はフリーランスとして活動中。Webサイト制作やWebメディアでのライターなどをしています。パリ在住。

詳しいプロフィールはこちら‼︎

お問い合わせはこちらから!

SNSをフォローする‼︎

Facebook Twitter feedlyで購読

関連記事

  1. パーソナルトレーニング

    【筋肉は最高のおしゃれ】今よりもかっこよく・可愛くなりたい日本人は絶対に筋トレをするべき

    オシャレに筋肉はいらない?いえいえそんなことはありません。筋肉をつける…

  2. 世界一周

    11月11日、韓国のポッキーの日は半端ない!巨額のお金が動く1日。

    皆さん、こんにちは!ご存知11月11日といえばポッキープリッツの日…

  3. インタビュー-日本

    「恋愛」・「海外」・「目標」、芦名佑介が語る彼の本心とは

     芦名佑介氏の“弱点”を知るというテーマにて始まったこ…

  4. ライフスタイル

    日本の日常は海外にとっての非日常の連続だということを伝えたい

    こんにちは!旅するフリーランスの太郎です!いきなりですが、皆さんは…

SNSフォロー!読者登録はこちらから‼︎

最新記事

  1. 「なぜ外国人の男性は下の毛を処理するの?」理由をその道のプロ…
  2. 【料金安い順7選】男性利用可!大阪のヨガスタジオ料金ランキン…
  3. 【料金安い順13選】男性利用OK!東京のヨガスタジオ料金ラン…
  4. 【料金安い順13選】東京の通い放題プランがあるヨガ・ホットヨ…
  5. 1日2食食べる人・1日3食食べる人、同じカロリー数なら太りや…

カテゴリー

SuzuTarogのFBページ

  1. フィットネス・ボディメイク

    日本人が筋トレしないのは恋愛の国際化が遅れているからではないのかと思った話
  2. ライフスタイル

    スマホが1台あれば、どこでも片手で本が読める、そんな時代になったんですよね。
  3. ライフスタイル

    筋肉がありすぎることで対峙してしまう絶望的デメリット5選
  4. 近況

    ゲストハウス+コワーキングスペースの設立を目指す僕がイチオシする、日本国内にある…
  5. ブラジル-サンパウロ

    顔は日本人、腰使いはブラジル人!日系人とのクラブナイトはアツかった‼︎
PAGE TOP
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status