フィットネス

日本人が筋トレしないのは恋愛の国際化が遅れているからではないのかと思った話

スポンサーリンク

f:id:taro8138:20170630012446p:plain

こんにちは!フランス在住・筋トレ大好きフリーランスの太郎(@taro8138)です。

僕は日本人には稀なほど筋トレが大好きで、よくブログにも筋トレ記事を書いています。

 

でも、

 

「日本人て総じて筋トレしないですよね?」

 

今日はなぜ日本人が筋トレしないのかについてふと思ったことがあるので、その点を書いていきたいと思います。

 

マッチョよりもスリムがいいという日本人たち

f:id:taro8138:20170630003921j:plain

 

この記事を読んでいる方々の中で、一体どれくらいの人がジムに通って筋トレをしているでしょうか。きっと10人に1人もいないのではないかなと思います。

 

実は日本におけるフィットネス人口(ジムに通っている人の人口)の割合というのはたったの3%なんです。皆さんこの事実を知っていましたか?

 

これって100人の日本人がいるとして、たった3人しか筋トレをしにジムへと通っていないということなんですね。

 

それに対してアメリカは17%、イギリスは14%ほどらしいです。

日本と比べると約5~6倍の数字となります。

 

でも実際に海外に行くと、その数字以上の人たちが筋トレをしているんじゃないかって思うほど、みんなガッチリしているんです。

 

なんでこんなにも筋トレをする割合に差がでるのかといったら、やはりその国での体型の好みという問題になってくるんじゃないかと僕は思います。

 

日本人は男性・女性とも細マッチョだったりスリムな体型の人がいいっていう人が多くはないでしょうか。でもそれが海外だと、男性でも女性でも筋肉があってガッチリしてたり引き締まっている人がいいっていう意見が多いんですね。

 

ここに海外と日本のフィットネス人口で、圧倒的な差がついている理由があると思います。

 

もし男性でも女性でも異性にモテたかったら、異性が求める人になりたいと思いますよね?

 

ここで日本の場合は多くの人がスリムが人が良いというから、多くの人はスリムな体型になろうと努力する。それに対して海外では多くの人がガッチリ体型の人が良いというからガッチリ体型になろうとするんです。

 

結局その国で求められる体型になろうとした結果、日本ではよりスリムな体型に、海外ではよりガッチリした体型になろうとする人が増えるわけです。そうなると日本における筋トレ需要というのはやはり一般的に高いものではなくなってしまうんですよね。

 

日本はガラパゴス化しているのではないか

f:id:taro8138:20170630010822j:plain

ただこのスリム体型が良いと大多数の人が言うのは、日本だからこその意見なのかなと個人的には思うんです。

 

僕は以前世界一周をしていたこともあり、アジア・北米・欧米・南米大陸を自分の足で実際に見て周りました。そこで思ったことは、どの国においてもみんな筋トレを頑張っているという国が比較的に多かったんです。

 

アジアで日本と同じ島国でもある台湾では、夜遅くに走ったり公園でトレーニングしている人をよく見かけましたし、北米のアメリカではフィットネスの本場としてすごい身体の人らがジムにたくさん通っているのを見かけました。

南米ブラジルのリオデジャネイロでは、海岸沿いに設置された公共の筋トレ器具を使ってみんなトレーニングしてましたし、欧米のスイスではみんながみんな、自分たちはチーズと筋トレが大好きだと言っていました。

 

世界を回ってみて感じたことは

 

「筋トレしてないのって、日本人だけじゃね?」

 

ということなんです。

そしてこれの理由って日本は恋愛の国際化が遅れている国だという一種のガラパゴス化なのではないかと思うんです。

 

日本に外国人旅行者や居住者が増えているからといって、まだまだ日本人の人口に対する外国人の割合というのはごくごく少ないものです。そうなると当たり前のように日本人の恋愛対象は日本人になりますし、外国人との恋愛をするといった人はごく僅かだと思います。

 

仮定の話ですが、もし日本における外国人の割合がめちゃくちゃ増えて、恋愛対象に外国人が一般的に入ってくる世の中になったら、彼・彼女らに好かれようとして身体を鍛え始める人が増えるんじゃないでしょうか。

 

特に日本人男性の場合は外国人女性は背が高くて骨格も大きいし、自分たちは身体を鍛えて筋肉をつけないと全く相手にもされないですよね。事実として日本人男性は海外では全く持てない人種として有名です。これは日本人男性が細くヒョロッとしていて、外国人女性からして男性としての魅力がないからということだそうです。

 

関連記事:【なぜ日本人男性はモテナイの?】日本に1年間住んでいた外国人女性に日本人男性が直さなければいけないポイントを指摘してもらってきた

 

日本人がさらに国際化したら筋トレ人口が倍くらいにはなるかも

f:id:taro8138:20170630013433j:plain

日本において外国人の割合がめちゃくちゃ増えるなんていうのは、正直何十年・何百年後の話かもしれません。でも彼らがこっちに来るのを待つのではなくて、あちらにこっちから行ってしまうという手もありますよ。

 

日本は島国ですから、まだまだ海外へと行くということへのハードルを高く感じてしまう人が多いと思います。しかしながら今の時代はパスポートとクレジットカードさえあれば海外なんてパッといけちゃうんです。

  

関連記事:海外旅行が大好きだという人は絶対に一度はヨーロッパに住むべし。海外が圧倒的に身近になるから。

 

海外の生活をまだ自分の目で見たり肌で感じたことがない人は、きっと1年も海外に住んでみたら筋トレの必要性を感じるようになるかもしれませんね。もしかしたら今この記事を読んでいるあなただって、異性を惹きつけるために筋トレをし始めてしまうかもしれません。

 

筋トレして外国人にモテたいという日本人の方はこちらの記事もあわせてどうぞ 

本気で自分を変えたい人がパーソナルトレーニングを絶対に受けるべき5つの理由

【誰でも腹筋は割れる】世界一周帰りのビール腹からシックスパックでバキバキの肉体を手にいれた半年間の筋トレの成果とそのノウハウをお伝えしたい

スポンサーリンク

この記事をSNSでシェアする‼︎




著者プロフィール︎

20160707165740

鈴木太郎(Suzuki Taro)

旅するフリーランサー、1989年8月13日生まれ。 サントリーに3年勤務後退職し、海外で活躍する日本人をインタビューしながら世界一周をするプロジェクトを実施。 アメリカDisney Worldスタッフ、サントリー酒類営業、MATCHA地域統括マネージャーなどを経て、現在はフリーランスとして活動中。Webサイト制作やWebメディアでのライターなどをしています。パリ在住。

詳しいプロフィールはこちら‼︎

お問い合わせはこちらから!

SNSフォローする‼︎

Facebook Twitter feedlyで購読

関連記事

  1. パーソナルトレーニング

    【料金安い順15選】渋谷区周辺のパーソナルトレーニングジム料金ランキング(料金と内容まとめ)

    渋谷区周辺のパーソナルトレーニングジム料金ランキングです。ランキング形…

  2. パーソナルトレーニング

    【夏までに痩せる】2ヶ月で無理なく効果的に痩せられるダイエット法・ワークアウト5選

    夏までにどうしても痩せたい!そう考えている女性はきっと多いかと思います…

SNSフォロー!読者登録はこちらから‼︎

最新記事

  1. 本気で海外で働きたい大学生・20代は普通の就活・転職でなく、…
  2. 【料金安い順10選】名古屋のパーソナルトレーニングジム料金ラ…
  3. 【海外転職】日本人が20代のうちに海外で一度は働いてみた方が…
  4. 【男女別100選】ハロウィン2017はこれを着ればOK!おす…
  5. 【料金安い順42選】東京のパーソナルトレーニングジム料金ラン…

カテゴリー

SuzuTarogのFBページ

PAGE TOP
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status