ボジョレーヌーボーについて書いていたら、なぜか下ネタで結末を迎えていた

 f:id:taro8138:20161118021601j:plain

 

毎年11月の第3木曜日、それはボジョレーヌーボー解禁の日である。

 

日本においては、解禁前から各メディアがこぞって

 

「今年もボジョレーヌーボーの解禁が近づいてきました!今年の出来栄えは例年に比べて良いとのことです!」

 

などと騒ぎ立てている。

その騒ぎようはまさに驚異のものであり、各ビールメーカー、ワインメーカーから売り出され怒濤の様子で「ボジョレーボジョレーボジョレー」と連呼される様は、まさにボジョレー祭り。

 

スーパーに行けば店頭には「ボジョレー解禁」の文字が張り出され、24時間のお店などでは0時きっかりに商品が店頭に並べられる。ちなみに日本の方がフランスよりも8時間ほど早く時間が進んでいるために、本家フランスよりも日本の方が実はボジョレーの解禁が早い。

 

そもそもボジョレヌーボーとは何なのか。

 

毎年11月の第3木曜日午前0時に販売が解禁される(2016年度は11月17日)。 ボジョレーは、ブルゴーニュの南にあり、ガメイ種という葡萄から造られる、フルーティーで若々しく、柔らかなAOCワイン。 ボジェレー・ヌーボーは、その年に収穫されたブドウで造られた新酒であり、ブドウが良質であるかを確認するためのものでもある。

 

そう、ボジョレーヌーボーとはその年に作られたばかりの新ワインなのである。

 

新酒としてその年のブドウの出来をはかるためのものであり、新しい分だけ味は粗粗しい場合が多い。

 

まさにワイン界の新生児であり

 

大学デビューをしてからの初めてのアルバイト初日

 

社会人になってからの初めての合コン

 

付き合いたての彼女と過ごす初めての夜

 

 

のようなワインなのである。

 

 

若すぎるワインということで、フランスではボジョレーヌーボーにはあまり人気がないらしい。

事実、僕が1日パリの街を歩いてもボジョレーのことを宣伝している店を一つも見かけてなかった。(生粋のワイン酒屋にはあるのかもしれないが)

 

やはり若すぎるボジョレーを熟成されたワインと比べると、男性経験が乏しくてすぐに男に惚れがち、言葉遣いもなっていない女子大生と、豊かな経験値で男心を掴んで離さない、港区周辺によく出没する外資系アラサーOLくらいの差があるらしい。

 

だからなのか国民性として愛情表現に定評があるフランス人は、「ボジョレーヌーボー」に対して狂ったように騒ぎ立てる日本人に対して冷ややかな目線を向ける人もいる。

 

 

HPを回復させるがのごとく「ボジョレーボジョレーボジョレー」と某RPGゲームの呪文のように唱えている日本人も、一口それを飲んでみると女子大生のあまりのキャピキャピ感に、「全部はいらないや」となってしまう人も多い。

 

Google検索でボジョレーヌーボーと検索してみてほしい。

きっと「ボジョレーヌーボー 不味い」といった検索候補が出てきてしまうほど、その若若しさを味わった人の評判が悪いのだ。

 

しかしながら、なぜそんなに美味しくもないワインを日本人はやたらと欲しがるのか。

 

それはやはり日本人の初物買いの文化が関係していると思う。

 

初鰹

新茶

新米

 

こういたものが市場に出回ると、やたらとメディアが取り上げる。なぜそこまで初物にこだわるのかというと、初物にはちゃんとした意味がこめられているらしい。

 

初物にこだわる理由のひとつが、昔から初物を食べると寿命がのびる、福を呼ぶと考えられ、縁起が良いとされていたからです。

 

「初物=旬の走り」は季節を先取りすることに通じ、珍しさが先行するため希少価値が高くなります。 

 

初物は旬の走りにあたるので、その食べ物の旬の始まりを意味しています。日本では旬を大事にするため、いち早く旬を食べることが喜びにつながります。 

 

なるほどなるほど。

確かに初物は希少価値が高いし、旬のものであることが多い。さらにそういったものを得ることでその人自身の幸福度もあがる。

 

二十歳の誕生日を迎えた後の年齢確認

 

保護者なしでの海外旅行

 

先輩に連れていってもらった大人のお店

 

 

といったものは、やはり初めてのワクワク感があるものだ。

 

やはり日本人はあらゆる「初物」が好きらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、待て。

 

 

 

 

 

 

 

初物は初物でも、それほど好かれていないものもある。

 

 

 

 

 

 

 

それは何か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「童貞」だ。

 

 

 

 

 

 

 

年頃の男子中高生にとっては、勉強や部活などといったものとは比べられないほどに脳内の9割以上を占めるもの。

 

 

 

 

それこそが「童貞」である。

 

 

 

いかに自分がグループの中でいち早く抜け出すか。

 

彼女がいる親友の

 

「あ、俺もまだだから」

 

といった言葉を鵜呑みにするか果たして本当に信じてもいいのか?、そういった葛藤の中に中心にあるもの

 

 

 

それこそが「童貞」である。

 

 

 

 

 

合コンにおいて、20代女性が可愛く

 

「あ、私、男性経験なくって、、、、、(照)」

 

と言い放った瞬間に向かいの男性陣たちが

(え、男性経験なし、、、、?処女キターーーーーーーー‼︎‼︎)

 

とほんのコンマ数秒の中で脳内で思考を巡らせていることに対し

 

合コンにおいて、20代男性が

 

「あ、僕童貞なんです。」

 

と発言した瞬間の女子たちの泳ぐ目線、圧倒的に冷めた場の雰囲気、そして自分には話が回ってこなくなり、会話に無理やり入ろうとしたら対してウケなくて、さらに場が白けて体温が急上昇して赤面するほど恥かいたという現象

 

 

 

 

 

 

 

 

これこそが「エルニーニョ現象」である。

 

 

 

 

 

 

ここで嫌われ者の童貞に向けて、「童貞の生態活動における相対性理論とダーウィンの進化論から導き出した異性からの基礎的な反応における考察」という論文に手をつけようかと思ったが、タイトルの説明だけで文字数が万を超えそうなのでそれはまたの機会にしよう。

 

 

 

 

 

最後となるが、嫌われ者で初物好きなエルニーニョ野郎には、是非僕が大好きなドラマ「モテキ」を観ることをおすすめしたい。

 

 

アラサー、セカンド童貞である藤本幸世(森山未來)に訪れる突然のモテキ。

多くの美女に囲まれて迫られる藤本は一体誰を選ぶのか。。。。。

 

森山未來のあまりの藤本ハマりがすごくて、森山未來って実際にセカンド童貞なんじゃないかと思ってしまうほど。

 

ちなみに「モテキ」が観たい人は、月額325円で国内外の映画・ドラマ作品が見放題のこちらの動画配信サービスで鑑賞することができる。

 

 

 

何を言いたくて文章を書き始めたのか忘れてしまったが、 童貞男の「モテキ」を初物のボジョレーヌーボーで楽しむという行為は、格別なマリアージュとなることは間違いはないだろう。

 

 

それでは皆さん

 

次回はボジョレーヌーボー2017にてお会いしましょう。

 

 

 

 

今なら漫画「モテキ」がKindleにて無料配布中だぞ