フリーランスだからって誰かに頼っちゃだめなんていうことはない

f:id:taro8138:20160910110705p:plain

 

こんにちはー!

旅するフリーランスの太郎(@taro8138)です。

 

突っ込んだタイトルで気になってくれた方もいると思うんですが、なんでこういう風に僕が思うようになったのか、最近経験してきたことをお話ししたいと思います。

 

 

南房総の金谷にあるコワーキングスペースに1ヶ月住んできた

f:id:taro8138:20160910122911j:plain

実は8月はまるごと千葉県、南房総の金谷という場所にある「まるも」というコワーキングスペースで住み込みで運営の手伝いをしていました!

 

きっかけとなったのは7月の頭の方に、世界一周からの帰国後すぐに知り合ったまるも在住のフリーランス・カルロスに呼ばれて、こちらの記事にも書いているクソマジメゲスブロガーのあんちゃとBBQをしようっていうイベントに参加したこと。

 

www.suzutaro.net

 

この時に「まるも」のオーナー池ちゃん

 

「太郎、もし8月中に時間あるならまるもの運営手伝ってよ!住むとこもあるから!」

 

と誘われ

 

「うん、OK〜★」

 

と二つ返事で承諾したところから僕のまるも生活は始まりました。

 

まるもでの生活

f:id:taro8138:20160910114032j:plain

ちょうど僕がまるもで生活を始めた頃に、まるもで行われている「田舎フリーランス養成講座」の8月講座がスタートしたんです。

 

この「田舎フリーランス養成講座」とは、一ヶ月金谷に住み込みでフリーランスとして独立するためのスキルを身につけるための講座。

講座の中で、webサイト作成やライティングスキルを向上するためのスキルアップはもちろん、具体的な仕事の受注の仕方や営業の仕方まで幅広く学んでいきます。

 

そんな素晴らしい時期に僕はまるもの運営側として働いていたので、僕はみんなが講義を受けている中、(8月の講師にはやぎろぐのやぎぺーも参加)

f:id:taro8138:20160910114537j:plain

 

端の方にチョコンと座ってまるもの仕事をしながら、実は講義の内容にも聞き耳立ててました!

f:id:taro8138:20160910114753j:plain

 

今まで世界一周を中心とした旅ブログしかやってこなかった僕にとっては、何もかもが新鮮!

 

クラウドソーシングを使った効率的な仕事の取り方や、記事を書く時の文章の考え方、検索順位を上げるためのブログのデザインの構成など、今まで求めていた情報を一度に全て知ることができたんです。

 

僕の場合すでにフリーランスと名乗っている手前、中々人に教えを乞うって少し恥ずかしかったんです。でもまるもの雰囲気はというと、質問があれば人にまず聞き、それに周囲の人は答えてあげ、そしてより全体のアウトプットの質を高めるというものが普通でした。

 

そんな環境の中で、一ヶ月間僕は学んだことも参考にしながら僕の感覚でブログの改善を行っていったんです。

 

成果としては、今までの積み重ねもあって世界一周ブログランキングのPV部門で一位を取ることができましたし

f:id:taro8138:20160910120103j:plain

 

こちらの記事はこの一つの記事だけで二日間で約30,000人ものに読んでもらい、

 

www.suzutaro.net

 

賛否は色々とありましたが、初めてsmartnewsに掲載となりました。(隣にやぎぺーが映ってるのも運命感じますねw)

f:id:taro8138:20160910115300j:plain

 

一緒に頑張れる「フリーランス」仲間という存在

f:id:taro8138:20160910122123j:plain

フリーランスとなって僕が会社員時代から大きく変わったというもの、それは仲間という存在の有無です。

 

会社員時代はチームがあり、上司・先輩後輩がいて、そして同僚がいました。

僕は営業職で個人の予算を売り切るために活動をしていましたが、それでも一人きりで仕事ができているなんてことはほとんどありませんでした。

困ったことがあれば上司や先輩に相談していたし、営業企画の人たちに資料作成やデータの取得などもお願いしていました。

 

しかしながら、フリーランスは一人きりです。

自由度が高く拘束されるものもほとんどありません。

でも行った仕事は全て自分の責任になるし、稼げないのは自分の力が足りていないという一言に尽きると思います。

 

会社員から世界一周に出て、そしてフリーランスとなった僕の周りには、同じような仲間がいませんでした。

 

正直、一人というのはとても大変だし苦しいです。

自分の責任だと分かっていても、何もしたくなくなってしまう時もある。

 

ただ、それがまるもでは違いました。

基本的にまるもでは会社員の人はいません。

 

みんながフリーランス、もしくはフリーランスを目指す人であり仲間だったんです。

 

今まで家でブログを書いたり、仕事をしていた時は、「今日はこれだけやったからもう終わろうー」なんて感じで日々を過ごしていました。

 

しかしながら、まるもでは朝8時前から夜中まで、たくさんの人たちがパソコンの前で作業をしています。そんな場所に身を置いていると、自分も頑張らなければいけないという気持ちになるんです。

 

特にやぎぺーやあんちゃ、池ちゃんなどフリーランスとして成功している人たちが本当にパソコンの前に向かっている時間が長いことが印象的でした。

 

人生で最も濃い夏の一つになった

一ヶ月と文字にしてみると、だいぶ時間があるように思うのですが、僕にとってまるもでの時間は本当に早く過ぎました。

 

この一ヶ月でたくさんの人たちに出会い

f:id:taro8138:20160910123519p:plain

 

たくさんの汗をかき

f:id:taro8138:20160910123754j:plain

 

絶景で筋トレして

f:id:taro8138:20160910123813j:plain

 

たくさんの肉を焼きました。(一生のうち一番多くのイノシシのお肉を食べた一ヶ月となりました。)

f:id:taro8138:20160910123941j:plain

 

まるもに住んでみて感じたこと。

 

それは

 

僕は一緒に頑張れたり、競えあえる仲間がいる方が、自分もさらに上を目指していけるということ。

 

フリーランスだからって、0から10まで一人で背負い込む必要はないんです。

仲間と呼べる存在がいることで、気持ちの面だけでも背負い込むものが半分になる。

 

スキルはもちろん向上したけれど、それ以上にまるもで得ることができたことは大きかったなと思います。

 

11月にも田舎フリーランスをやるそうです!

本当にフリーランスになりたいという人向けの、田舎フリーランス養成講座が11月にも開催されるとのことです。

 

inaka-freelance.jp

 

今後の進退に迷っている学生だとか、独立を目指す人には本当におすすめしたい講座だと思います。

 

一緒に受ける受講生仲間たちと切磋琢磨して、是非ともフリーランスライフへの第一歩目にしてくださいませ!