ピジョンを戦わせるのはやめてあげてくれ。

ピジョン ポケモンカード

 

皆さんはピジョンというポケモンを御存知だろうか。

 

そう、主人公サトシの住む町マサラタウン周辺に住むポケモン「ポッポ」の進化系である「ピジョン」のことである。

 

得意技はふきとばし。

ポケモンカードの情報によると、エサであるタマタマをつかんで100キロ先の巣まで運べるらしい。(ってかピジョンの主食がタマタマだったのを初めて知った)

 

このピジョンの存在が、SNS界隈でちょっとした話題になっている。

 

事の発端は........

ある日のこと、ブログ仲間で同居人のカルロス

 

「すげー!友達がFBで載せてたんだけど、ポケモンGOのピジョンて体重めっちゃ少なくね?なんか知らないけど体重が少ないピジョンがめっちゃSNS載ってるー!」

 

と騒いでいた事から始まる。

 

(・・・ピジョンの体重が少ない?一体どれくらいのものかと思って聞いてみると)

 

「え、100gだけど。」

 

との返答。

 

いやいや、何を馬鹿なことを、、、そんなわけないだろうと調べてみたら

 

f:id:taro8138:20160822114113j:plain

 

いたー!!!!!!

体重100gのピジョン!!!!

 

 

え、でもおかしくない!?

 

だって体長1.38mあるよ?

それで100gってどんな中身してんの??

 

これは考察する必要があるなということで、少し思考を巡らせることにした。

 

100gのとり肉と比較してみた

まず100gというとどのくらいの重さなのか、見てみたいと思う。

ピジョンはポケモンではあるが、生物学には鳥類の部類に入ると思うため、ここは一般的にみなさんが食べるであろうとりもも肉と比較してみようと思う。

 

こちらが体重100gのピジョンと比較されるとりもも肉。(2cm四方ぶつ切り)

僕も大好きなお肉の部位である。

 

f:id:taro8138:20160822115935j:plain

参照:www.eiyoukeisan.com

 

そしてこのとりもも肉を実際にピジョンと並べてみる。

すると

f:id:taro8138:20160822115303p:plain

 

あきらかにとりもも肉100gの方が小さい。

 

もちろん比較対象は一般的なピジョン(1.38m)であり、特段大きいというわけではない。

 

とりもも肉が小さすぎるのである。

これだけの個体差があり、でも体重が100g。

一体ピジョンはどういった鳥体構造をしているのか。。。

筋肉・脂肪・内臓・水分。。。。。。

一体この体のどこにどうついているのだろう。

 

 

100gのピジョンをイメージしてみる

ん、ただ待てよ。。。

このピジョンのイメージ図というのは、一般的なイメージ図であって、体重100gのピジョンにはあてはまらないのかもしれない。

 

体長が1.38mだったとしても体の幅などは何も明記されていないじゃないか。

その点ももう少し考えてみなければいけない。。。

 

f:id:taro8138:20160822122858p:plain

 

体長1.38mのピジョンが体重100gだとするならば

1.38(タテ)×X:ヨコ×Y:高さ=100gとなるはずだ。(小学生の並みの知識で申し訳ないが)

 

ピジョンの頭から胴体部分(羽を畳んだ形)は円柱系の形に近いため、ここではヨコと高さのの値は同じとして考えてみる。(もっと数学に精通している方は、細かな数字を叩き出してくれ。)

 

すると

 

1.38m×X×Y=100g

XとYは同じ数字なわけだから、ここに入る値は約0.852m。

となると

 

体長が1.38mで体の幅が0.852mのピジョンは100gということか!!

 

いやまてよ。。。

そもそもgの単位をmの単位に合わせることが正解なのか。。。

もし体長が1.38mで体の幅が0.852mだとしても、体の構成物質が鉄のように重かったらそれは100gにならないはず。。。。

 

見た所、ピジョンは筋肉で構成されているように思えるし、ここはやはりとり肉の重さに合わせるべきだと思う。

 

そういえばとり肉は2cmぶつ切りが×4つで100gだった。

となると、(2×2×2)×4=100g

とり肉の体積は24㎤=100gとなる。

 

これを先ほどのピジョンに置き換えてみると

 

138cm×Xcm×Ycm=24㎤=100g

 

となる。

これを解いてみると

XとYの値は0.416cm(4.16mm)となり、これを体の幅として体長の1.38mと合わせてみると

 

以下の結果となった

f:id:taro8138:20160822132004j:plain

おわかりだろうか。

この「棒状のピジョンっぽい何か」こそ体長1.38m、体の幅が0.416cmで体重が100gのピジョンである。

 

もはや体の線はどこへやら、僕が肉眼で確認できるのは棒状の何かである。

そう、体重が100で体長が1.38mだとこのようなシルエットなのである。

 

決してこのような健康的なピジョンではなく

f:id:taro8138:20160822114113j:plain

 

このような

f:id:taro8138:20160822132004j:plain

「棒状のピジョンっぽい何か」なのだ。

 

もし体重100gのピジョンをバトルに使っているポケモントレーナーの方がいたら、是非ともピジョンはバトルのメンバーから外すことを進言したい。

 

こんな「棒状のようなピジョンぽい何か」ではきっと勝ち目がない。

f:id:taro8138:20160822132004j:plain

ピジョンの主食であるはずのタマタマにさえ、6対1という圧倒的数量優位によって、集団リンチにあうことは必至である。

f:id:taro8138:20160822132921p:plain

参照:gameedge.jp

 

このような状態でも頑張って生きている彼らのことを想うなら、早急に博士の元へと送ってあげよう。

 

2時間ほどかかってしまったが、100gのピジョンが「棒状のようなピジョンぽい何か」であるということが分かり、なんだか胸のつかえが取れたような気がする。

 

 

今日の晩御飯は若鶏の唐揚げにすることに決めた。