読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8月中旬でもまだ間に合う、東京近郊の花火大会5選‼︎

f:id:taro8138:20160810231918j:plain

こんにちは!太郎(@taro8138)です。

日本の夏の風物詩といったら、やっぱり花火大会ではありませんか?

もう8月も中旬に差し掛かるけど、東京近郊で開催される花火大会って結構まだまだあるんです!

ということで、今日は8月中旬以降に東京近郊で開催される花火大会をご紹介したいと思います!

まだ今年は花火大会に行けていないという方!

是非これからの予定の参考にしてみてくださいね!

 

8/15 木更津港祭り花火大会

f:id:taro8138:20160810220324j:plain

出典:http://hanabi.walkerplus.com

 

開催日時:8月15日(月)19:15〜20:30

 

千葉県木更津市で開催される「木更津港まつり」にて開催される花火大会。

関東の花火大会では最大級での規模で、約1万発の花火が打ち上がる。

特大のスターマインや尺玉が繰り広げるフィナーレが圧巻です。

 

 

8/20 神宮外苑花火大会

f:id:taro8138:20160810221555j:plain

出典:http://hanabi.walkerplus.com

 

開催日時:8月20日(土)19:30〜20:30

 

東京の神宮外苑にて開催される都内でも大規模の花火大会。

都内の中心地での開催のため、多くの見物客で賑わいます。

大小のスターマインが東京の夜空を照らすのは圧巻の一言。

僕がお勧めする見物スポットは明治神宮外苑の周辺の路上(当日歩行者天国)にレジャーシートを広げてしっかりと陣取るか、伊藤忠商事周辺あたりの空が見える広場だったり、お店です。

 

 

8/20 第40回流山花火大会

f:id:taro8138:20160810222248j:plain

出典:http://hanabi.walkerplus.com

 

開催日時:8月20日(土)19:00〜20:20

 

千葉県の流山市で開催される大規模の花火大会。

打ち上げられる花火の数は1万4,000発にも及びます。

花火と音楽がシンクロする「流山スカイミュージカル」が一番のみどころです!

 

 

8/21 調布花火大会

f:id:taro8138:20160810222815j:plain

出典:http://hanabi.walkerplus.com

 

開催日時:8月21日(土)18:50〜19:50

 

数ある関東の花火大会の中でも常に人気が上位である東京・調布花火大会。

大玉を中心としたスターマインや様々なキャラクター花火が人気。

最寄りの駅から花火会場までは少し距離があるため、17時過ぎには駅に到着して、色々な屋台を楽しみながら会場へと早く到着しておくのがオススメ‼︎

 

 

8/26 湘南ひらつか花火大会

f:id:taro8138:20160810223424j:plain

出典:http://hanabi.walkerplus.com

 

開催日時:8月26日(金)19:00〜20:00

 

8月の終わりに、神奈川県の平塚市で開催される花火大会。

海岸線に広がる花火は約3,000発。

秋に差し掛かって涼しくなってきた頃に、海風にあたりながら飲むビールが最高!

夏の締めくくりにふさわしい花火大会です。

 

おまけ:10月中旬 ふじさわ江ノ島花火大会

f:id:taro8138:20160810224239j:plain

 

開催予定:10月中旬

 

秋の江ノ島で開催される花火大会。

直径480mというサイズの2尺玉が見ごたえあり!

秋に見る花火というのもなかなか雰囲気よしです。

昼間は江ノ島観光、夜は花火。

江ノ島ビールを片手に、江ノ島と花火を満喫してください。

 

花火大会で持っておくべき持ち物!

大人5人まで座れる折りたたみレジャーシート!

 

 

まず花火大会において、レジャーシートがないなんて話になりません!

女性を地べたに座らせるなんてことがないように、男性陣の必需品です!

 

海外で話題のエアソファ!

 

最近FB広告や様々な媒体で話題になっているエアソファ!

空気入れなども使わずに数秒で膨らますことができ、とってもコンパクトになる素晴らしいアイテム!

エアソファを使って花火をみていたりしたら、周りからの注目を浴びること間違いなしですね!

 

熱中対策 服の上から体を冷やすスプレー

 

夏場の花火大会での一番の天敵は、暑さ!

特に浴衣などを着ていると普段の服よりも熱がこもり易くなります。

そんな時は服の上から身体を冷やしてくれる冷却スプレーがおすすめ!

一瞬で汗が引いてくれますよ!

 

保冷缶ホルダー!

 

花火を鑑賞しながらのお酒ってすごく美味しいですよね!

でも、外でお酒を飲んでいるとすぐにぬるくなってしまいませんか?

でも大きなクーラーボックスを持ち運ぶのは大変!

そんな時は、缶の冷たさをキープしてくれる保冷缶ホルダーを使ってみてください!

キンキンの状態をずっと持続してくれます!

 

絆創膏

 

浴衣を着ると、必然的に足元は下駄や雪駄を履く人も多くなるかと思います。

ただ、大概の花火会場は駅から少し離れている!

そんな時に履きなれていない下駄などだと、すぐに靴擦れを起こしちゃいますよ!

靴擦れの痛みで花火に集中できない!なんてことがないためにも、絆創膏は持っておきましょう!

 

ひとりで着られるはじめてのゆかた

 

普段着付けを習っている人でない限り、浴衣を一人で着ることができる人ってそれほど多くないかと思います!

ちゃんと浴衣の着付けを覚えて、花火大会に備えましょう!

 

まだまだこれから夏本番!

いかがだったでしょうか!

まだまだこれから開催される花火大会はたくさんあります!

記事の中で紹介した花火アイテムも活用して、素敵な花火大会を楽しみましょう!