読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボリビア入国!とりあえず45時間のバス旅が終わり、ウユニまであと少し!!

ボリビア ボリビア-サンタクルス ボリビア-スクレ 世界一周 南米

f:id:taro8138:20160301214852j:plain

こんにちは、太郎です。

アスンシオンからウユニに向けてのバスの旅。

 

パラグアイ時間の日曜日に出発したので、本日で3日目となりました。

現在はボリビアの憲法上の首都・スクレに滞在中。

ほんの1時間程前に到着しました。

 

標高が2400mくらいあるので少し息苦しい。

というか、すこーし頭が痛い。笑

去年、何回も富士山に行ってたから大丈夫かな?とか思ってたけど全然関係ないですね。

筋肉があっても高山病には勝てないようです。笑

 

南米一の悪路はどうだったのか?

さてさて、ここから南米一の悪路の前半戦をレビューしていきたいと思います。

f:id:taro8138:20160301214906j:plain

27日の日曜日にパラグアイのアスンシオンを出発。

ボリビア第二の都市であるサンタクルスに向かいました。

 

正直、全然問題なかったんですよ。。。途中までは。。笑

 

パラグアイを出国して、ボリビア入国して、

 

途中荷物検査とか諸々あって、26時間くらい走ったあとですかね

 

バスが故障しました。。。笑

 

まぁ南米だとあるあるです。

でも、僕が乗ったバスでは初めてだったんですよね。

 

日本だったら、バスが故障なんかしたら振替のバスを手配してくれますよね?

でもここは南米。

修理されるまでそこで立ち往生。笑

 

正直、どのくらいの時間がかかるかもわからないんです。

 

でも!!

 

一緒にバスに乗っていたおばちゃんたちが、走っていたハイエースをヒッチハイクしてくれまして、みんなで一緒に知らない車に乗り込みサンタクルスへ。

もちろんタダというわけにはいかず、チップを払いましたけどね。

 

おばちゃんのヒッチハイクのおかげでアスンシオンーサンタクルスは28時間くらいで到着!

バスの修理を待っていたら、きっと40時間ほどかかったに違いありません。

 

サンタクルスへ到着。

ちなみにサンタクルスへ到着したのは夜の23時。

 

宿の予約してない。

Wifiない。

土地勘ない。

お金もない。

 

という状況で路上をとぼとぼ歩く。

f:id:taro8138:20160301214908j:plain

ボリビア第二の都市って言われているから大丈夫だろう!

って勝手に考えていたのが甘かった!笑

 

ただ幸いにも降ろしてもらったのがバスターミナルの近くで、ビジネスホテル的なものは近くにあったのが良かった。

 

本当はシングルルーム宿泊なんてしたくないんだけど、安宿が見つからなかったから苦渋の選択。

料金は100ボリビアーノ。(1800円くらい)

しかもWifi付きって書いてあって、一応繋がるには繋がるけど、ネットが遅すぎてFBさえ開けないっていうオチ。

Wifiなしだったら、70ボリの宿もあったのに。。。

 

寝て起きて、すぐにまた出発!!

本当はサンタクルスに数日いようかと思っていたんだけど、なんとなく前の晩のフラッシュバックがあり、すぐに出発しようと決意!

 

チェックアウトして、17時発のバスチケットを購入。

スクレまでは16時間の旅。

 

まだ待ち時間があったのでボリビア料理を食べたんですが、

f:id:taro8138:20160301214909j:plain

美味しくない。笑

 

南米でご飯のハズレはあまりなかったんだけど、ボリビアは僕と相性が良くないようです。笑

 

バスターミナルでぐだぐだ時間を使い、ようやくバス出発!

f:id:taro8138:20160301214910j:plain

中身めっちゃボロボロです。

壊れないでね。

 

「まぁ、今回は16時間だし昨日よりマシか!」

 

なんて考えていたら、その考えが甘かった。

 

昨日はバスが比較的空いていたから、僕の隣には誰にも座ってなくて広々使えていたんだけど、

 

今回のバスはなんと満席!!

 

お隣はというと

f:id:taro8138:20160301221204j:plain

こんな感じのボリビア民族衣装を着たおばちゃん。

 

おばちゃんね、身長は僕より低いのに横幅が大分広いんです。

 

彼女の身体が完全に彼女の席をオーバーラップして、僕のフィールドまで攻めてきてる。

 

それにプラスして、おばちゃんの民族衣装がめっちゃ僕に被さってくる。

 

なんだか押入れにずっと入れたままの座布団の香りがしました。

 

しかもおばちゃん、一度席に座るとテコでも動かない。

 

僕が窓側、おばちゃんが通路側だったんだけど、

 

トイレに行きたいって伝えても席から動かないんですね。

 

いやいや、トイレに行きたいんだって!!って結構強めに行ったら

 

「私の上を跨いでいけ。」

 

とおばちゃん。

 

いやいや、あなた自分の体型分かってて意地悪してるでしょ!

もし真面目にそれを言ってるんだとしたら、どんだけチャーミングだよ!

 

結局おばちゃんを跨いでトイレに行き、おばちゃんを跨いで席に戻りました。

 

 

僕にとっての戦いは、南米一の悪路ではなく、ボリビア民族のおばちゃんでしたね。

 

正直昨晩の27時間より、今回の16時間のほうが圧倒的に疲れた。

今日はスクレの綺麗な街並みに心を癒してもらいながら、次の出発へと備えたいと思います。