2015年の振り返りをしてみようと思う。

f:id:taro8138:20160102174139p:plain

本日で2015年も残り一日。

今年は僕自身にとって、激動の年となりました。

自分自身のためへの備忘録もかねて、今年一年を振り返りたいと思います。

2015年3月に新卒入社で3年働いた会社を退社。

会社を辞める決断というのは本当に悩みに悩みました。

自分の中での最後のきっかけというのは、父親が背中を押してくれたことです。

去年の12月に、東京に仕事で来ていた父と食事した時に、始めて自分の胸のうちを明かしました。

 

「会社を辞めようと思う。」と。

その時の父の反応はというと、

「まぁいつかはそういう風に言うんじゃないかって思ってたよ。俺もお前と同じくらいで会社を辞めたからなぁ。」

というもの。

そんな父の一言がきっかけで胸のつかえが取れたというか。

その食事の一週間後には、上司に退職の話をしていましたね。

もちろん上司に仕事を辞めると伝える時には身体が震えました。ここ数年で一番緊張した瞬間でしたね。笑

でも会社を辞める時には皆さんが送り出してくれたし、40歳も年上の大先輩に

「太郎、お前の生き様は格好いいな。」

と言われて、なんだか嬉しくて涙したことを覚えています。

3年という短い間でしたが、本当に濃い時間でした。

今でも同期入社の人らとは仲が良いですし、最高の仲間だと思っています。

帰国した際には、彼らとビールを飲みに行きたいですね。

 

訪日外国人向けWebマガジンのMATCHAに参加しました。

f:id:taro8138:20160102173730j:plain

僕の大学時代の友人、青木優くんが立ち上げた会社。

MATCHAに営業として参加をしました。

大学の友人のよしみもあり、自由に仕事をさせてもらい、いろいろなことを知るきっかけとなりました。

ちなみに僕が世界一周に行こうと思ったのも、彼が学生時代に行っていたことを見ていたことが大きい部分もあります。

私がMATCHAで学んだことの一つとして、自分一人で案件をとってきて仕事を生み出すということの難しさ。前職では新規営業をしたこともなかったし、会社のサポートによって仕事をすることができていたことを学びました。

本当に自分自身の無力さを感じた時でもありましたが、じゃあ自分は何を学ばなければいけないかを知ることができた良い機会だと思っています。

 

Airbnbを始めて、自分自身でお金を生み出したこと。

f:id:taro8138:20160102173729p:plain

前職を辞めた後に、何かしらの形でお金を生み出してみたいと思って始めたのが、Airbnbでした。

7月から始めて11月までの4ヶ月間で、100人以上の世界中の方々をホスト。

場所は父親のオフィスの一角を使用していたので、家賃がかからないなどの利点はありましたが、自分のサービスに対してお金をもらえるというのは、本当に感動しましたね。

このAirbnbを始める前には、地元にある唯一のゲストハウス、「ゲストハウス ときわ」でノウハウを仕込んでもらいましたし、オーナーの影山さんには今でも大変お世話になっています。

今までは、あまり対人サービスの仕事に対して「すごく楽しい」と思うことは多くなかったのですが、この外国人向けの宿泊業というのがめちゃくちゃ楽しかったのは自分としても盲点でした。

将来的にはこういったサービスに関わる仕事をしていきたいというのが今の正直な気持ちです。

11月6日に世界一周に出発しました。

2015年11月6日に日本を出国、世界一周へと出発しました。

前の日に飲みすぎて少し二日酔い気味だったのはご愛敬。笑

たった2時間のフライトで韓国のソウル着だったので、とてもあっけなかったのを覚えています。

この世界一周では、海外で活躍するインタビュープロジェクトを実施しています。

このプロジェクトの実施理由は、

①日本の若者に対して、海外で働くこと、海外に出て行くことに興味を持ってもらうため。

②自分自身が世界のどんな場所、どんな仕事に興味を持てるかを知るため。

というものです。

出発して約2ヶ月にして、100人以上の海外で働く日本人に出会いましたし、30人ほどの方にインタビューをしてきました。

毎回海外で働く人に会って感じるのは、皆さんが持っているエネルギーです。

ただやらされ仕事をしているような方々は誰もいませんでしたし、何かしたらの目標や信念を持って活動されている方がほとんどでした。

正直、こういった信念を持って活動しているかしていないかの違いということが、現代の日本人がよくそれぞれと照らし合わせるべき部分なのではないのかなと思います。

しかしながらまだこれからも旅は続くので、さらに多くの人に会い、いろいろな考え方、働き方を吸収していきたいと考えています。

 

2016年の抱負について

2016年の抱負です。

東南アジアを終えた後は、南米、北米、ヨーロッパ、中東へと移っていきます。

まずは安全を第一に考えての行動を心がけます。

旅をしていると、ドラックや大麻などがあまりにも簡単に手に入ってしまう環境に驚いています。

道を歩けば売人にすぐ声をかけられますし、大麻なんてそこらじゅうで1000円ちょっとで売っていますからね。

日本と海外との差に驚かされるばかりです。

でもまずは日本に無事に帰るということを念頭におきたいと思います。

 

次は自分の旅のスタイルをぶらさないこと。

もう2ヶ月続けていますし、変わることではないと思いますが、海外で活躍する日本人と会う、自分の考えを発信するということはさらに一層力を入れていきます。

正直、全く知らない方々に会うことはエネルギーを使います。

でもこれは身体を使っただけの疲労感とは違っていて、頭をひねって考えた時の、頭が重くなる感じ。

きっと今まであまり頭を使って考えてこなかったので、今自分の脳を最大限に使っているのでしょう。

来年はさらに多くの人に会い、さらに多くの考えに出会いたいと思います。

そして得た考えは発信していきます。

自分が得た経験、人から得た素晴らしい考えというのは、自分の中で留めておくだけではとても勿体ないものです。

私が発信した内容が、誰かの役に立ってくれることを切に願います。

 

今年の年越しはカンボジアのシェムリアップ、アンコールワットの街にて過ごすことになります。

古代のパワーを感じながら、来年の活動への促進力につなげていきます!